チャンピオン代表作品 
  怪獣啄木
   

      
第1回 小説部門チャンピオン of チャンピオン参加作品 ―6

酒乱関連ニュース・2003年を振り返って

蛮人S

娯楽要塞研究所

       
 


■発泡酒の増税直前、ケース買いの客目立つ

■発泡酒増税「24本入りケースから2本抜かれる勘定」愛好者の嘆き

【資料】酒税法第1章第2条「この法律において『酒類』とは、アルコール分1度以上の飲料((中略)又は溶解してアルコール分1度以上の飲料とすることができる粉末状のものを含む)をいう」

■田代酒造、錠剤を溶いて飲むビール開発。「粉末状じゃないから無税さ」

■田代酒造、錠剤ビールの販売中止。「税務署のバカ」と社長談

■増税対策、各社がノンアルコールビールの新製品開発に懸命

■首相コメント「何でそんなにビールだけにこだわる」

■「これは意地や。技術力で対抗したる」サントレービール社長、半泣きで語る

■国税庁課長「発泡酒が飲めなきゃブランデーを飲めばいいのに」発言、ワイドショーでベルサイユ課長と揶揄され馘首

■各社新開発のノンアルコールビール、美味しさと低カロリーでヒットの予感

■ノンアルコールビールへの課税、キリャン社長が懸念。「あり得ないとは思う」

■夏のビール消費に減少傾向。ノンアルコールビールの影響か

【資料】酒税法第1章第3条1号「『アルコール分』とは、温度15度の時において原容量100分中に含有するエチルアルコールの容量をいう」

■田代酒造、エチルアルコール以外のアルコール使用飲料「ビールじゃねぇ」開発。課税免除で激安うたう

■田代酒造、食品衛生法違反容疑で家宅捜索

■与党税制委員会、炭酸飲料に対し環境面から二酸化炭素排出税の適用を提案。飲料メーカーが猛反発

■首相コメント「炭酸のゲップは地球温暖化に影響する」

■「歪曲された科学観による環境保全対策への便乗」環境省が異例の抗議

【資料】酒税法第1章第6条「酒類の製造者は、その製造場から移出した酒類につき、酒税を納める義務がある」

■田代酒造、製造場で客に酒を飲ませるサービス開始

【資料】第6条の3「次の各号の一に該当するときは(中略)製造場から移出したものとみなす。(中略)製造場において飲用されたとき」

■田代酒造、追徴税で破綻

■清涼飲料製販会、政府各機関に製品を納入しない方針を固める

■「うちは課税に反対だってば」環境省職員、嘆きの声

■「コーラの環境税やめよ」一部国際的企業のロビー活動でアメソカ政府の圧力強まる

■与党、炭酸飲料課税を撤回。「国民の声に耳傾けますた」

■姑息な税政策に国民の怒り高まる

■永田町に数十万人が集結、暴動に。

 後に『酒乱』と呼ばれる。



文字数/1000

top

      
QBOOKS
 ◆QBOOKSに掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
 ◆作品の著作権は各作者に帰属します。
 ◆掲載作品の利用・出版権はQBOOKSが優先します。ただし作者の要望に優先するものではありません。
 ◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。
 ◆お問い合わせはQBOOKSインフォデスクまで

QBOOKS