インディーズバトルマガジン QBOOKS

第2回中高生3000字小説バトル
Entry5

春の灯〜ハルノヒ

作者 : Began
文字数 : 2999
 春が巡ってきた。
 今年もまた、この平和な町の円形広場で、大きな一本の木がその
花を燃やす。
 太く若々しい幹をもつその木は、広場の中心に堂々と高くそびえ
立ち、この町を見渡している。この地特有のこの木は、春の訪れと
ともに火の花を咲かせ、人々にその実〜火を与える。その火は尽き
ることなく、雨が降っても風が吹いても、ただひたすら燃え続ける。─
─通称・火桜〜ヒザクラ。
 そして今年もまた、革製の小さなバックを持つ青年が帰郷した。
「ただいま、メユーラ」
 メユーラと呼ばれたその小柄な女は、ルガルと目線の高さを合わ
せるように精一杯背伸びをし、こう言った。
「遅いよ、ルガル。今年は、この花が咲く前に帰るって言ってたのに」
「ごめん。仕事がさ……」
 メユーラは大きくため息をしてみせ、それから笑った。彼を見上
げて。そして、お帰りとルガルに抱きついた。
 ルガルの頬を、火が熱く赤く染め上げる。
 メユーラは笑って、ルガルのバックを取り、早く家の中へと彼を
促す。
 ルガルは火桜を見上げ、なぜだか照れくさくて微笑み、メユーラ
に従った。
 火桜はこの地に一本しか咲かない。種は作るのだが、それを遠く
に飛ばそうとはしない。親指大ほどのその種は真下に落ち、その後
その芽が絡まり合って一本の木を成すのだ。
 その種を世界中にばらまくのがルガルの仕事だ。誰に言われたの
でもなく、彼は旅を続ける。
 春が終わりに近づくと、火桜の花の火は幹にまで燃え移り、木全
体が一つの炎のように燃え上がる。
 その火盛りという頃、ルガルは旅立つ。火桜と、メユーラに見送
られて。
「じゃあ、また来年……」
 ルガルが旅だった後、火桜の火はしぼみ始め、やがてすべて灰と化
す。その灰が肥料となり、次の一年でたった数本の芽が一本の巨木へ
と成り得るのだ。この土地は、程良く雨が降り程良く風が吹き、その肥料
を有効に使う。──それを各地で実現するのがルガルの夢だった。

 季節はまた巡り来る。しかしそれを同じく過ごせるとは限らない。

 今年も穏やかな火が咲いた。
 その下でメユーラの心は儚い火のごとくゆらめく。
 来年火桜が咲くまで、その時まで待ってくれ、まだ自分がよくわ
からないんだ、今度の春必ず…。それがメユーラの告白に対する
ルガルの答えだった。彼の両親もその結婚を強く勧めた、旅だけ
では手に入らないものもあるんだから。
 それでもルガルは旅出った。
 そして、まだ帰ってこない。

 ルガルは火桜の種を植え続けた。
 どの土地でも、一年目はきれいな火を咲かす。しかし、次にその
地を訪れても、もうその跡はない。燃え残った灰が風や動物たちに
奪われ、種が芽生えようとしないようだ。
 ルガルはこの一年も種を植え続けた。しかしそれも無駄だった。
 火桜は人の心に火を与える、そう信じている。その火は物質的
に火を供給するだけでなく、温かく人の心を満たす。火桜を世界中
に植えれば、人は幸せに満ちて暮らせる。それはルガルの旅の目
的であり、人生の目標とも思えるものだ。
 しかしそれも無意味だった。人々はまた、あのまさに無意味な、
戦争を起こした。
 その戦争のせいで、ルガルも故郷への道を断たれてしまった。
 メユーラが待っている、今年の帰郷はいわば義務だ。
──もう、旅へはいけないかもしれない。僕の旅は無意味なのだか
ら。……
 それでもルガルは種を植え続ける。

 メユーラにはわかっていた。ルガルは帰ってきても、きっとまた
旅立つ。一年待てと言ったのも、考えるためではなく、私を傷つけ
るのをおそれただけのこと。
 戦争の噂だって聞いていた。ルガルなら、帰郷よりも戦争を優先
することだってあり得る。
 ルガルのことならわかる、彼の未来ならだいたい読める。でもど
うして、自分の心は読めないんだろう。
 メユーラは火桜を見上げて祈った。
 垂れた前髪が邪魔だった。

 半年程前に植えた火桜が、5メートルの木に育っていた。しか
し花を咲かすまでには、あと5メートルは成長する必要がある。
 そこは戦場からさほど離れていないのに、森の中はやけに静かだ。
 ルガルはその木を中心に種を植えている。
 すぐに火が咲くはずがないことは、もちろんわかっていた。しか
し、今のルガルにできることと言ったら、それぐらいのことしかなか
った。それに、平和への灯〜トモシビは火桜以外にないと、やはり
どこかで思っているのだ。
──人はなぜ戦争をするのだろうか。何かを求めているのだと
しても、それで誰かが死ぬというのなら、全く何の意味もない。
自分の力を見せつけたいにしろ、残虐と強さとは相対するものであ
り、全くの見当違いである。人は何を求め、そして人は……
 森の樹々が騒いだ。ルガルは自分のそばを何かが通り過ぎるのを
聞いた。火の音。
 音を追うと、中心の火桜に矢が刺さっていた。矢は火をまとって
いた。
 火矢。ルガルは迷わず駆け寄った。
 火の狂った音が、今度は耳元で聞こえた。ルガルがはっとして振
り向くと、向こうから大勢の兵士が弓を構えてやって来る。──ここ
も戦場になるのだ!
 背後に熱を感じた。
 火桜の、幹が、燃えていた。刺さっていた矢は、もう燃え果てて
いた。
 そのまま、火は木を包み込んだ。
 燃え上がる炎の中で、火桜はどんどん大きくなっていった。あっ
という間に倍以上の大きさになり、その炎の中で花のつぼみが揺
れて見える。
 つぼみが開き、同時に炎から火花が散った。辺りに優しく降り注
ぐ。
 降り注ぐ火の中、ルガルはそれがささやくのを聞いた。──戦争
なんて。
 その温もりの中、地からはたくさんの芽が生え出てきた。降る火
にその葉を包まれ、それもまたずんずんと大きくなっていく。
 ルガルは力あふれて走り出した。東へ東へ、故郷の方向へ。
 火桜に見とれている兵士達が、横目に見える。
 火桜は絡み合い、天に向かってどこまでものびていった。

 にわかに西の空が赤く染まった。次第に色の深みを増していく。
 メユーラにはわかった。あれは夕日の赤ではなく、火桜の色だ。
 それはルガルの帰郷を意味し、また彼の次の旅立ちをも示してい
た。
 それでもメユーラは祈った。──ルガルに会いたい!

 ルガルは走った。まるで長い長い火桜の並木道を走るような、そ
んな気持ちで。
 誰も行く手を遮る者はない。人々は火桜を見つめ、木々はルガル
に道をあけた。

 西から火が近づいてきた。ルガルだ。ルガルの回りを火のような
ものが取り巻いている。──優しい火。

「メユーラ!」
「ルガル!」

 ルガルが広場に入ると、取り巻きの火は、広場の火桜に吸い込ま
れていった。
 そして火桜は一段と火力を増し、木全体で燃え始めた。
 春の終わりを告げていた。

 今年の出発は、夏になってしまった。
 メユーラの頭でルガルの言葉が渦巻く。──僕は新しい旅に出る。
世界の「火桜」を探すんだ。世界を温かく満たす「何か」を。その土地
にはその土地の「火桜」が必要なんだ。火桜はこの町を……
「ルガル。次に帰ってきたときは、結婚するときだからね。忘れないでよ」
 それはルガルの提案だった。
「ああ。なるべく早く帰るさ」
 火桜の火の源はルガルの思いであり、霊桜〜ヒザクラとでも呼ぶ
べきものだ。メユーラはあの時そう実感した。あの祈りの中、ヒザ
クラからは終始声が聞こえていた。メユーラ、と優しく。
 ヒザクラはルガルの心の灯に依る。それに自分で気づくまでル
ガルの旅は続く。
 長い旅になりそうだ。
 いくつかの芽がぱらぱらと出た、そんな空っぽの広場で、メユー
ラは耐えきれず、ルガルを追って走り出した。大人げないとわかり
つつ。






インディーズバトルマガジン QBOOKS
◆QBOOKSに掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆投稿された各作品・画像等の著作権は、それぞれの作者に帰属します。出版権はQBOOKSのQ書房が優先するものとします。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。