QBOOKS top

第22回中高生3000字バトル結果

残念、無効試合

 最多得票者の得票数が、チャンピオン枠に達しなかった為、規定により本バトルを無効試合と致します。


推薦作品と感想
○推薦作:[2]空の下、君の隣で 千希
1000字にあったのよりもこっちの方がすきです。可愛いさが出てて。
会話だけの文章はテンポがはやくなりがち、かつ読者が置いて行かれがちだけど、これはのんびりしていてよかった。
▽投票者:このバトルへの参加作者


○推薦作:[2]空の下、君の隣で 千希
 当然、「うまい」と「おもしろい」と「好き」は違うわけで、面白い作品はなかったが「落葉松の色づくころ」はうまかったし「空の下、君の隣で」は好きな作品。1000字でも投票したんじゃなかったかな。
 で、どっちかったら「空の下、君の隣で」なんだな。「落葉松の色づくころ」はクレバーな作品ではあるが、その賢さゆえに言葉以上の力というものに乏しい感は否めない。せっかくの筆力なんだもの、この程度で終わってしまっては面白くないのでいっそう頑張ってくらっさいなということなのですよ。
 「空の下、君の隣で」はわかって描いているところが好きだな。この二人の間にある、もしくはこの二人じゃなきゃ出せないであろう間、この言葉にならないすばらしい何かが、おじさんは大好きです。
 よってこれ。まさに、Qでしか読めない作品ですよ、これは。(M)
▽投票者:その他のQBOOKS参加作者



○推薦作:[4]落葉松の色づくころ 芦野 前
ほんとうはどれも選びたくない。これが本音。人に読ませる気があるのかしら。ありふれた題材なら面白く書いてよ。セリフじゃなくて描写してよ。
芦野さんも、前回のほうが面白かったよ。今回も、いい話ではあったと思う。すごく静かに始まって、終ったけれど。らしくないね。もっと力のあるもの書いてたじゃん。読者をひきつけるようなのを、さ。

▽投票者:その他の作者


○推薦作:[4]落葉松の色づくころ 芦野 前
 一番深い話だと思いました。内容だとか文章がではなく、ただ、一番心理が深い話だと感じました。登場人物の描写がよく出来ていて美しいです。
▽投票者:このバトルへの参加作者



○推薦作:[1]昇華協奏曲 香坂 理衣
最後の台詞が、良いと思いました。
それで綺麗にまとまった感じでした。
▽投票者:このバトルへの参加作者





QBOOKS
◆QBOOKSに掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆作品の著作権は各作者に帰属します。掲載記事に関する編集編纂はQBOOKSのQ書房が優先します。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。