第2回中高生500字小説バトル結果
作品はたったの2作品ですが、感想票は前回より増えましたね。
次回はさらに増えることを期待いたします。
      チャンピオンの座を獲得された『心のすみで恋をする』ユタさん
おめでとうございます!
エントリ作品作者得票
2 心のすみで恋をする ユタ 5
1 QWERTY(伊呂波) 歌羽深空 3

 推薦作品と感想

心のすみで恋をする  ユタ

感想:
読後の爽快感が好きです。
すっきりと読めて、人物の気持ちが伝わってくるようでした。
投票者:QBOOKS登録作者

感想:
−QWERTY(伊呂波)  歌羽深空氏
状況を思い浮かべるまでに冒頭部を4回読み返して、第1連と第2連が別物だということに気づいた。なにとなく、作品がかわいいと言うよりは、これを書いてる作者がかわいい。
−心のすみで恋をする  ユタ氏
作品がカワイイとはこのことだ。でも、それ以上のことがないと言えばないのかな。
今回の二作品の中では、直感で好きになったユタ氏に投票いたします。
投票者:QBOOKS登録作者

感想:
深空さんの作品は、この職業の人がなぜ原稿用紙の夢を見たのか、というのが分からない。いろんなゴミがある中で、なぜ原稿用紙なのか。原稿用紙の裏なのか、中なのかも分からない。前回は入れたけれど、今回は面白さという意味でも足りなかった。あと、リーダーは統一した方がよろしいのでは。

ユタさんのは、文章作法に沿って読みやすく書かれており、心情も細やかに描かれていた。ナイキのシューズが下駄箱に入っているのは不自然だけど。500字という枠から余韻がはみ出してくるところに巧さを感じた。主人公が初々しくて、かわいい。
投票者:QBOOKS登録作者

感想:
「いや、恋に!」は余分だと思ったが、それがなければとても可愛らしくまとまった作品だった。
投票者:QBOOKS登録作者

感想:
レンアイものは、どうしても身を構えて拝見させて頂いてしまうのに、
この作品は、するりと読めた。「故意に」「恋に」、素敵。
読んで思ったのは、やっぱり女は強いんだなあと。うん。
投票者:QBOOKS登録作者


QWERTY(伊呂波)  歌羽深空

感想:
感性が豊で、いろんなところに目がいくようで、いつもながら深いと思います。作者として書きたいことが、僕以上に完成しているように思います(感性が豊ゆえに)。まだまだ伸びそうに思います。500字という短さを感じさせないようにも思います。一票!
投票者:QBOOKS登録作者

感想:
 どちらも面白かった。歌羽さんについては掲示板の感想で書いてしまったので割愛するけれども、ユタさんの作品は、学園もの、下駄箱という小道具を使って、そのすれ違いから出会いを書こうというなかなかに粋な御話。でも、読者としては、是非是非この続きを読みたいのである。この二人の性格から、一体どんなドラマが生まれて、どういう恋が出来るのか。とにかく、500字で終わるような話では、決してないのである。面白さではどちらも引けをとらないので、500字小説での完成度を見た上で、歌羽さんの勝利とした。ユタさんも歌羽さんも、どんどんいいものを書いてください。期待しております。(M)
投票者:QBOOKS登録作者

感想:
表現が面白かった。誰も思い浮かばないような話しに興味を持った。
投票者:純粋読者




QBOOKS
◆QBOOKSに掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆作品の著作権は各作者に帰属します。掲載記事に関する編集編纂はQ書房が優先します。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。
◆スタッフ/マニエリストQ・3104・厚篠孝介・三月・ごんぱち・日向さち・蛮人S