QBOOKSトップ

第3回中高生500字小説バトル

エントリ 作品 作者 文字数
冒険者へ 篠崎かんな 500
ワダ 歌羽深空 500

結果発表はこちら

バトル開始後の訂正・修正は受け付けませんので覚悟してください。

あなたが選ぶチャンピオン。お気に入りの1作品に感想票をプレゼントしましょう
投票はこちらから→感想箱




エントリ1 冒険者へ  篠崎かんな



この世界には勇者の物語がある。

クロロは勇者に憧れていた。
いつか自分も勇者になり、この世界を魔王の手から救うのだ、と思っていた。
ある日、クロロの前に見慣れない男が現れた。
「やっと見付けた。君は選ばれし者だよ。」
男は端的にそう言った。
「じゃ、僕は勇者になれるの。」
すると男は鼻で笑って言った。
「この平和になった世界で誰を倒すと言うんだい?」
「それは魔王を……」
「その魔王に君はなるんだ。君が世界を支配し、人々が苦痛に嘆き苦しんだころ、勇者が現れる。今度はどんな物語が生まれるかな。」
「あなた、いったい……」
「神の使者だ……。刺激の無い、つまらないこの世界を面白くするためのね。」
男は手のひらから青白い光を放ち、その光はクロロの体を異様な姿へと変えた。
「嫌だ……。」
心の中で叫んだが、それは言葉にならず、クロロは世界を支配するために暴れ始めた。

「……と、言う訳だ。」
最後の力を振り絞って、やっと話終えた。
「そんなの信じられる訳無いだろ。」
目の前の男は、吐き捨てるように言った。
「命乞いなら、もっと泣ける話を用意するんだな。」
にぶく光る刃がクロロを貫いた。

勇者は魔王クロロを倒した……世界に平和が訪れた……。




エントリ2 ワダ  歌羽深空



ワダを飼っている。
ワダは世話が大変な生き物だ。何より、寒さに弱い。

隣の家のワダは、とても主人になついている。
うちのは、まあなかなかと言ったところかな。

「はやく、太れよ。」

声をかけてやる。
ワダには、言葉が通じない。
まあ、ペットだからしょうがないだろうけども。

何時頃からか、ワダを飼うのがこの世界の常識になっていて。
俺も半ば流行にのせられて飼った形になったが。
別に後悔はしていない。結構、面白い。
早く大きくなれ。

ある日、ワダが逃げ出した。ワダを探した。ご主人ですから。・・・なんて。

ワダは山にいた。

何をしようかと思ったのかもわからなかったが、所詮ペットだ。
下らない事でも考えていたんだろう。はは。

次の週、隣の家のワダは夕ご飯のメインを飾った。
俺も、御呼ばれしてそれを頂いた。
さすが、高級といわれる肉と、隣の家族は絶賛していたが、
俺にはただの脂と骨と皮にしか見えなかった。
初めて食べた肉の味は、少し苦かった。

家に帰り、ワダを見つめる。
お前もいつか食われる日が来るのか、とため息をついた。

”輪(環)から落(堕)ちた”愚かな・・・人間さん。
ワダが、目から水をこぼした。俺は、カァと鳴いた。




嗚呼、素敵な雑食生活。





QBOOKS
◆QBOOKSに掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆作品の著作権は各作者に帰属します。掲載記事に関する編集編纂はQ書房が優先します。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。
◆スタッフ/マニエリストQ・3104・厚篠孝介・三月・ごんぱち・日向さち・蛮人S