第10回中高生500字バトル結果

おめでとうございます!

今月は姿森 瞳也さんの『有と無』がチャンピオンとなりました。おめでとうございます。
次回バトルにもご期待ください!

エントリ作品作者得票
3有と無姿森 瞳也5
1名前サユキアヤコ1
2トイレチュウ歌羽深空1


感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。
「私の投票がない!」「内容が違うような」……
掲載もれ、ミス等ございましたらご連絡いただけますようお願いいたします。



推薦作品と感想

有と無  姿森 瞳也さん
 
感想:とてもいい気分になれました。
心が温かくなります。
票者:このバトルへの参加作者



感想:ちょうど考えていたことだったので、共感できた。
票者:純粋読者



感想:一番、小説として完成度が高かったのは、『トイレチュウ』。
問いで始まる前フリから、ラスト一行までいい感じに当たってきました。
切迫感もよし。笑いも取れてます。

ただ、”昇華力”が足りなかった。

昇華力というのは、
「これに触れたら死ぬ、というもの」を書いたり
「最後まで語れば血を見る話題」で書いたり
「聞いたこともないような不吉なこと」を書いたりすることで出る力。
作品を読んだ人を、気体にしてしまうような力のこと。

『有と無』には、その昇華力があったので、投票。
姿森さんにはさらなる精錬を希望。  (KAZU)
票者:その他のQBOOKS作者



感想:仏陀の説話なんか思い出しちゃった。ついでに一休さんのとんち話。別にこれが仏教じみているとか、洒落っぽいとか、そういう事ではなく、雰囲気が。でも、そういうのが好き。
票者:このバトルへの参加作者


感想:文章がうまく作られていると思いました。
詩といえば詩になってしまうのかも知れませんが、こういう素直な作品は好きです。
票者:純粋読者



名前  サユキアヤコさん
 
感想:設定とか題名とか色々直されるべき点はあるとは思うのだが、短い中で奥行きのあるストーリーを作ろうとしている点を評価したいと思う。
票者:その他のQBOOKS作者



トイレチュウ  歌羽深空さん
 
感想: どれもいまひとつ。でも、500字でコトを何とかしよう、てのはものすごーく難しいことであるのは承知しているので、作品、一言ずつ。

1 名前 サユキアヤコ
 どうしてこうも状況がこんがらがってしまったのか、を医師の説明でナシに書けるとよかったけれども。そうでないと、このこんがらがった設定の必要性がなくなってしまう。

2 トイレチュウ 歌羽深空
 食いすぎてずっとトイレ。情けない話ではあるけれども、でもそれだけの話なんだわな。冒頭の人物描写も含めて、もう一味、ほしかった。

3 有と無 姿森瞳也
 具体例と結論。いいよね、なにしろしっかり書けているのには好感を持った。でも、作者自身、この作品は「ここが面白い」って説明できるだろうか。

 そんなこんなで、結局歌羽さんに一票。(M)
票者:その他のQBOOKS作者




QBOOKS
 ◆QBOOKSに掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
 ◆作品の著作権は各作者に帰属します。
 ◆掲載作品の利用・出版権はQBOOKSが優先します。ただし作者の要望に優先するものではありません。
 ◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。
 ◆お問い合わせはQBOOKSインフォデスクまで