第15回中高生500字小説バトル結果

おめでとうございます!

今回のチャンピオン作品は、香月さんの
『なきごえ』に決定しました。
香月さんは驚異の3連続チャンプで
当バトル初のグランドチャンピオン獲得です。
これからも素敵な作品を期待しております。

エントリ作品作者得票
1なきごえ香月4
2なくしもの芦野 前1
4この世で最も永遠に、近い。香坂 理衣1
5初詣おにぎり花村彩邪1


感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。
「私の投票がない!」「内容が違うような」……
掲載もれ、ミス等ございましたらご連絡いただけますようお願いいたします。



 推薦作品と感想


■なきごえ  香月さん
 
感想:リズミカルにかつ文をあまり繋げないことで弱さが伝わり雰囲気にあっているな、と思いました。
グッ、と惹かれた。 一票。

投票者:このバトルへの参加作者



感想:ストーリー、表現の工夫、どれをとっても面白いです。
でも、これは小説という枠の外なのでは。
表現は小道具の後ろにしっかりドラマがあって、文句なく巧いと思います
投票者:このバトルへの参加作者



感想:芦屋前さんのなくしものと話は似ていたものの、私の独断の判断によるとこっちのほうが面白く感じました。床に落ちた鍵が重くて持ち上がらない≠アのセリフにぐっとくるものを感じました。
投票者:このバトルへの参加作者



感想:恋愛もの(というか失恋もの)が続いている中で、まあうまくまとまったかなと。なく。言葉をうまく使ってますね。

なくしものはあそこまで落ちをばらさなくてもよかったかな。
puzzleは、短いかもという表記ですが、そう思うならもっとなにか書けるはず。一つの思いついたパズルと解答だけで終わらしてしまった感。500文字とはいえ小説に昇華させようよ。
この世で最も永遠に、近い。学生バトルは独白、が多い気がするんだけど、それは小説じゃない、とわたしは思うのです。そこからいかに読み手の目を気にしたお話に持って行けるか、を競って欲しいな。
初詣おにぎりは、唯一恋愛ものじゃなくで、がんばったなあとそれだけでも評価したい。恋愛と死が出てこない小説はそれだけで評価に値するのです。しかし夢落ちかー。なんかかわいいからよし。
投票者:その他のQBOOKS作者


■なくしもの  芦野 前さん
 
感想:おもしろいと思います。表現も上手で
投票者:このバトルへの参加作者


■この世で最も永遠に、近い。  香坂 理衣さん
 
感想: 芦野vs香坂。芦野作品は見慣れてるからかな。いつもの力の抜け加減が、ない。もっと面白い芦野作品を拙者は知っているので、ここは香坂さんで。書きなれてる印象は受けるけど、筆が走って無駄が多い。まぁ、これからこれから。(M)
投票者:その他のQBOOKS作者


■初詣おにぎり  花村彩邪さん
 
感想:良心的なウナギリ屋のおじちゃんとおばちゃんに会ってみたくなりました。
何気ない話ですが、ほんわかとした暖かさを感じました。
投票者:その他のQBOOKS作者