第58回詩人バトル結果

おめでとうございます!

接戦となった今回、ながしろばんりさんの「原子力ネコパンチ」がチャンピオンに決定です。
ながしろばんりさんは、これでグランドチャンピオンにリーチがかかりました。これからも頑張ってください。

※作品を投稿したバトルには必ず投票してください。

エントリ 作品 作者 得票
7 原子力ネコパンチ ながしろばんり 3
4 僕は何を飲んできたか 2
11 かわいそうなひとたち イグチユウイチ 2
13 血がざわめく夜だ 佐藤yuupopic 2
1 赤い彗星 大覚アキラ 1
5 椿月 1
6 オオバコの詩(うた) 小澤陽月 1
8 進化 有機機械 1
10 末期少女ネヲン ヨケマキル 1
12 はじめから、丸い 空人 1


感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。
「私の投票がない!」「内容が違うような」……
掲載もれ、ミス等ございましたらご連絡いただけますようお願いいたします。



 推薦作品と感想


■原子力ネコパンチ  ながしろばんりさん
 
感想:非常にハイレベルなバトルで悩みましたが、この作品にしました。
ラーメンズの小林健太郎さんの作風のようで、型破りなところに心を引かれました。
投票者:その他のQBOOKS参加作者



感想:単純に、面白いな、と。
原子力を「はらこりき」って読むとか、そこまでは考えたことあったけど、ネコパンチが付くと更にバリエーションが増えるってことに気付いていなかったと思う。
投票者:その他のQBOOKS参加作者



感想:おもしろい!
一番目のが、すごい、想像して可愛かった。こわいけど。

最後の、コパンチさんが良い味出してると思います。
投票者:その他のQBOOKS参加作者


■僕は何を飲んできたか  荵さん
 
感想:何気ない会話の感じがいいです。
短い会話なのに、2人の表情や力関係が読み取れるような気がしました。
あと気になったのは、ながしろばんりさんの「原子力ネコパンチ」。
私のようなド素人がこんなことを言うのもおそれ多いですが、
技巧で猛烈に突っ張って押し出し、技能賞を獲得されたという感じです。
投票者:その他のQBOOKS参加作者



感想:今回は3作品で悩みました。
1『赤い彗星』大覚アキラさん
>だって
>赤い彗星はいつも
>一人ぼっちだからさ

うん。ララァ死なせちゃったからね。
シャア様のキャラが良く理解されていて
涙が出るくらい嬉しかったです。
赤くて角がついてれば、それだけでもう通常の3倍の出来上がりさ。

4『僕は何を飲んできたか』葱さん
所見を見る限り、脂肪肝と思われます。
ちなみにGOPではなくGOTではないかと。
脂肪肝であれば腹部エコーを撮ってみてください。
脂肪がキラキラ輝いて、その様はまるでダイヤモンドダストのようだそうです。
今度はそのきれいな脂肪肝で詩を書いてみて下さい。
真ん中に挟まれた友人との超テキトーなやりとりが
喜悲劇の王道を踏襲していてさりげなくすごいと思いました。
よって葱さんに一票!

7『原子力ネコパンチ』ながしろばんりさん
おもしろくて好きなタイプなんだけど、
ちょっと長かったかな。
あともうちょっと明確なオチがほしかったかも。

以上、葉月でした。
投票者:このバトルへの参加作者


■かわいそうなひとたち  イグチユウイチさん
 
感想:中流家庭に育ったものの傲慢を鋭く突く一言だ、と思いました。シンプルでいいですね。僕自身そういうとこあるので、心に響くものがありました。ホワイトバンドはもらってもつけたくない、って勝手に思ったりなんかしてます。荵
投票者:このバトルへの参加作者



感想:病んでいる者。
壊れている者。
絶望している者。
疲れている者。
苦悩している者。
詩を書く、という行為は、
そういうネガティヴさを抱えた者だけの特権ではない。
そんな言葉たちには、もう飽き飽きだ。

たとえネガティヴなものを描いたとしても、
イグチユウイチ氏の言葉にはポジティヴさがある。
そういう輝きを放つ言葉たちとともに、
彼にはどんどん前に行って欲しいと思う。
投票者:このバトルへの参加作者


■血がざわめく夜だ  佐藤yuupopicさん
 
感想:視覚から、じわじわと心臓にギュッとくる詩だと感じました。
個人的には長すぎて少し息切れしてしまいましたが、
それを差し引いても、脱力感と焦燥感が素晴らしかったです。
投票者:このバトルへの参加作者



感想:コマ切れのように淡々と続いていく文章が気に入りました。
繊細な感覚が伝わってきます。
個人的に「生まれた時からこの眼は不良品で‥」で始まる段落が好きです。
ただ、現在と過去の情景や感情が入り混じっているからか、一読しただけでは話の主線が分かりにくい箇所がありました。
特に、「いいや、僕は今度遠いところへ行くからね‥」の「いいや」と「蜂雀もあんなに遠くにいるんですし」のセリフの意図が最後までよくわかりませんでした。
あと、「蜂雀(ホウジャク)」が読めませんでした(笑)
でも、全体的な雰囲気とテンポは、読んでいて面白いと感じました。
投票者:このバトルへの参加作者


■赤い彗星  大覚アキラさん
 
感想:これほどガンダム世代の心を揺さぶり、気持ちを体現し、そしてその世代の疲れた現実とのギャップをうまく表現した作品があっただろうか。
原子力ネコパンチもとても面白くて悩んだけどやっぱりこっちのほうが自分の心に深く突き刺さりました。
投票者:このバトルへの参加作者


■微  椿月さん
 
感想:前回に引き続き今回も椿月さんへ1票。
常連の方々がなんだか今回は新鮮味がなかった。

投票者:このバトルへの参加作者


■オオバコの詩(うた)  小澤陽月さん
 
感想: ぴつくあつぷ。
1  赤い彗星   大覚アキラ
 最後の一連が弱気にみえます。

2  ボロ靴のシンデレラ   yuki
 書き手にとって、シンデレラは、シンデレラなのだろうか。
 私の知っているシンデレラではないようだ。

6  オオバコの詩(うた)   小澤陽月
 社会にはこのオオバコのような人は沢山いる。
 が、ただ書かれるべきオオバコは、唯一でなくていいのだろうか?

10  末期少女ネヲン    ヨケマキル
 好きなんだけどねぇ。最後のほう、息が切れている感が。

12  はじめから、丸い    空人
 「丸いタマゴも、切り様で四角 ものも云い様で角が立つ」
 なんかもっと、シンプルにできると思うのだが。

 マキルさんの描く世界は非常に好きだが、いつもよりエッジが立ってない。
 とすると、質感のある小澤作品だなぁ。言葉に嘘が無い。(M)
投票者:このバトルへの参加作者


■進化  有機機械さん
 
感想:yukiさんの「ボロ靴のシンデレラ」
葱さんの「僕は何を飲んできたか」
イグチさんの「かわいそうなひとたち」に
魅力を感じた。
「ないかなあ」が鼻に付もしたけれど
今回は有機さんの作品に投票
投票者:このバトルへの参加作者


■末期少女ネヲン  ヨケマキルさん
 
感想:もう、彼にしか描きえない凄みが、他をよせつけない感じ。現実と非現実が同居してる。こわくて気持ちいい。
投票者:このバトルへの参加作者


■はじめから、丸い  空人さん
 
感想:『富士山より高い場所の学校に通う 子どもたちの目だって』
この一行に、感覚が、ずきゅん、てキた。
世界で今、日々を過ごす全ての場所の全ての人々よ、
ことに、子ども達よ、健やかであれ。と、わたし、願う。(佐藤yuupopic)
投票者:このバトルへの参加作者