第72回詩人バトル結果

おめでとうございます!

kikkiさんの「7:36」がチャンピオンに決定です。
kikki(椿月)さんは、これでグランドチャンピオンの座に輝きました。

エントリ 作品 作者 得票
7 7:36 kikki 4
8 戒魚/神斬り虫 ヨケマキル 3
2 それがきっと僕らの願い sin 2
4 美しいミサイル いとう 2
9 お話を 聞かせて るるるぶ☆どっぐちゃん 2
1 カルマ 1
3 僕は腫瘍 1
5 ブロックタウンのまやかし奴隷 紫生 1


感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。
「私の投票がない!」「内容が違うような」……
掲載もれ、ミス等ございましたらご連絡いただけますようお願いいたします。



 推薦作品と感想


■7:36  kikkiさん
 
感想:「僕」は線路に飛び込んだのか、それとも栞を身代わりに古い自分を捨てて生まれ変わったのか…。私は後者の方だと思いたいです。いずれにしても、読み手のイマジネーションをかき立ててくれる良い作品だと思います。淡々とした語り口も効果的ですね。
投票者:その他のQBOOKS参加作者



感想:色々悩みましたがこの作品に投票します。

シンプルな文体と普通の言葉で
「これが言いたい!」
って押し付けてくるのではなく
透明感とか空気感のような
見えないもので勝手に自分の中に
情景が作り出されてしまったような気がしました。
投票者:その他のQBOOKS参加作者



感想:詩になってたので。

投票者:このバトルへの参加作者



感想:次点はトノモトさんの作品。独特のトリップ感を味わえたのですが、なにかもうひとつかみ欲しかった気がします。
kikkiさんの作品は「それは 目印とのお別れ」という部分がどうにもひっかかってせつなくて好きでした。それを超えるものがどの作品にもありませんでした。
投票者:このバトルへの参加作者


■戒魚/神斬り虫  ヨケマキルさん
 
感想:世界観や言葉の雰囲気が今回の作品の中で一番好みでした。
投票者:このバトルへの参加作者



感想:ヨケマキルさんの作品は総じて、さみしさが見え隠れするような気がする。
この作品も一見無邪気で不思議だけれど、やはりどこかさみしい感じがする。
でもそれが決して如実ではないところが、いつもすごいと思う。
また2作品をつなげてしまうあたりが粋だし、素敵だ。
というわけで、一票を投じます。

次点は、るるるぶ☆どっぐちゃんさん。リズムが切なくてよかったです。
投票者:このバトルへの参加作者



感想:これは、わたしのすきなマキルン。(M)
投票者:その他のQBOOKS参加作者


■それがきっと僕らの願い  sinさん
 
感想:文字列の並び方に魅了され食い入るように見てしまいました。
二人の感情が交互に押してきている最中、同じことを考えている。
不思議とこの作品に魅かれていしました。
投票者:このバトルへの参加作者



感想:ともすればこういう作品はスタイル選考になりがちですが、見事な構成力でラストまで一気に読ませる。ある種突き放した視線も素敵だと思いました。
投票者:その他のQBOOKS参加作者


■美しいミサイル  いとうさん
 
感想:今月はコレ。選びとられている言葉は決してハードではないのに、とても硬質なイメージ。研ぎ澄まされている。他に目に留まった作品は、マキルさん、空人さん、どっぐちゃんさん、トノモトさん。
投票者:このバトルへの参加作者



感想:今回はぴんとくる作品が無かった。そうなると技術力勝負になるわけですが、そうなっちゃうといとうさんはやはり頭一つ抜けてますね。
個人的には技術力なんて考えさせてくれなくなる感じの作品が読みたいですけどね。
投票者:このバトルへの参加作者


■お話を 聞かせて  るるるぶ☆どっぐちゃんさん
 
感想:いろんな国の人が出てくると、色々な色が浮かぶなぁと思いました。
悪夢みたいで面白かったです。葱
投票者:このバトルへの参加作者



感想:投票まだ間に合うかしら。すごくよかった。この目線たまらなく好き。
投票者:その他のQBOOKS参加作者


■宿命  双さん
 
感想:今回は「これだ!」と思える作品がなかった。
消去法で選んだのがこの作品。
何だか説教くさい作品だし、人間に生まれたいという部分に落とすために、
それまでの話が創られたみたいであまり気に入らないんだけど、
なんだろうな、この作品には想いの強さ、みたいなのを強く感じだ。
それもすごく純粋な。その魂があったので、これに。
投票者:このバトルへの参加作者


■僕は腫瘍  葱さん
 
感想:一生懸命がんばって、一日も早く、立派な「腫瘍」になって下さい。
御成功をお祈りしております。
投票者:その他のQBOOKS参加作者


■ブロックタウンのまやかし奴隷  紫生さん
 
感想:今回は難しかった。良い意味で。全作品をそれぞれ三回読んでみたが、迷った。
紫生さんに決めたのは、純粋な好みでしかない。それしか言えない。
投票者:このバトルへの参加作者