QBOOKS






poem13
SAKURA
AISITERU

ちょっと聞いてくれる
ねえ
そのままの姿勢で良いからちょっと聞いてくれないかな
こんなに機械に囲まれて
ひたすら機械につながれて
苦しいよね
辛いよね
だけど本の少し私に時間くれる?
話聞いてくれない?
あなたがたおれて
この13日間私自身考えて
迷って
やっと話せる時が来たと思うから



あなたが病院に運ばれる前
私しっかりあなたを理解してあげられなかったね
あなたの悩み
苦しみ
全く気付けなかった
最低な彼女よね



1月前
あなたがもう強がらないっていったから
その言葉信じてた
少しずつ強がるの止めていってくれるだろうって
信じてた
けれどあなたは
病状が悪くなるにつれ
やはり強がってしまった
そんなあなた見て
おみまいもいらない
食事もいらない
そんな言葉聞いて
やりきれなかった私
仕事に友人の事にと動き周り
あなたへの気持ちを
自分のどうして良いのか分からない気持ちを
隠そうとしてた
そして明るくふるまっていた
ねえ
大事なかんちがいしてたの私
心配性で
どんなに苦しい時も
自分の彼女は弱いと思いこんで
1人だけ強がって
苦しい所見せないあなたのことを
もっとそばにいて
愚痴でも何でも良いから
話を聞くだけでも良いから
心だけでも軽くしてあげられていたなら

あなたの強がりを見抜いていたはずなのに
しっかり向き合っていられたら
あなただけを見ていられたら
今さら遅いけど
そう思う



私たちすれちがいも多かったけど
いろんな事話し合ってきたよね
内臓いしょくに付いて
そして
脳死の事
これだけは何があっても良いように
お互い意見を交換しとこうって
だからね
決めたの
今日あなたの本音を聞こうって
ねえ
家族や私のためとかじゃなく
心から生きていたいって思える?
私ね
あなたの真っ正直な気持ち
素直に受け入れたくて



人は心底生きたいって思わないと
義務やぎりで生きていたって
本人が1番辛いって話したこと覚えてる?
だから私は
あなたの心からの気持ち
受け入れます
だけどね
このオバカな彼女
はじめてきずいたよ
2年8か月かけてやっと
かなり時間はかかったけど
あなたが何より
誰より大切な
なくてはならない相手だってことに



愛してる
心底愛してる
だから
もし疲れて死を選ばないのなら
私にもう1度
チャンスをください
もう1度








QBOOKSトップ  >  バトル会場案内  >  詩人バトル  >  第10回詩人バトル  > poem13
※ページの表示などに不都合などございましたら お知らせください