QBOOKS






poem29
ひょん
鳴らない電話

鳴らない電話
君を待っている
もう誰もいない
ぼくはまだここにいる
きみの言うのが愛ならば
ぼくの言うのは愛ではない
きみがいてくれたら
きみがいてくれたから
この純粋さえも行くあてがなく
きみに会うために生きているわけじゃないけれど
ひとりでは人生の意味すらよく分からない
何も変わらなくて
ぼくも変わらなくて
ただ
ただ時間だけが
虚ろにそばを通り抜けてゆくだけ








QBOOKSトップ  >  バトル会場案内  >  詩人バトル  >  第10回詩人バトル  > poem29
※ページの表示などに不都合などございましたら お知らせください