QBOOKS






poem9
れんこん
バチストぴえろシリーズ@

彼が恋したのはテムザック社の「TMSUK04」であった。

可哀相に、

彼はまだそれを知らぬ。

それを知るとき

ワインの海で彼は溺れるであろう。

秋に成る、まるい実に似たその色は

心のなかの情熱か、

はたまた

彼の流した血の涙…!








QBOOKSトップ  >  バトル会場案内  >  詩人バトル  >  第10回詩人バトル  > poem9
※ページの表示などに不都合などございましたら お知らせください