QBOOKSトップ

第102回詩人バトル

エントリ作品作者文字数
1バチ有機機械400
2スヴニール ド アンネフランク202
3本を読めばいろいろなことを表現できる。霧一タカシ216




 


 ■バトル結果発表
 ※投票受付は終了しました。



詩人バトル読書会
詩人バトルの感想・批評用掲示板。投票の参考にもどうぞ。
※QBOOKSのコンテンツではありません。



掲載ミス、送信時の文字化けなどございましたらご連絡ください。
その他のバトル開始後の訂正・修正は受け付けません。
あなたが選ぶチャンピオン。お気に入りの1作品に感想票をプレゼントしましょう。

それぞれの作品の最後にある「感想箱へ」ボタンを押すと、
その作品への投票ページに進みます (Java-script機能使用) 。
ブラウザの種類や設定によっては、ボタンがお使いになれません。
その場合はこちらから投票ください
感想箱




エントリ1  バチ    有機機械


まぶしい午後の日差しに目を細めながら

片側2車線の道路で前を行く車を追い越しながら

助手席の彼女をホテルに誘う。

彼女が僕に好意を抱いているのは知っているけれども

時にはクールに

時には無邪気に僕を煙に巻き

彼女はなかなか「うん」とは言わない。



「恋人にならないとできないの?」

「そんなこともない」

「じゃあ僕がだめなの?」

「だってあなたは奥さんがいるじゃない」

「それは僕の問題であって、君の問題ではないんじゃないかな」

「だってバチが当たる」

「え?」

「バチ」

バチ





彼女の言う通りだ。

いや、そんな道徳観はクソくらえだし、

どんなに悪事を働いても幸せに暮らしているやつはいるし、

どんなに善行を積んでも不幸な人はたくさんいるけれども、

彼女は彼女のルールを守る権利がある。

それはどんな理屈をも超えて守られなければならないし、

僕はそれを尊重しなくてはならない。

この混沌の世界に微かに差す

秩序の光を少しでも大切にしたいと願うなら。





エントリ2  スヴニール ド アンネフランク    百


『アンネ・フランクの思い出』と訳せる薔薇を育て始めた


 赤味がかった新しい芽がたくましく伸びる

 小さかった蕾が少しずつふくらむ

 ふくらんだ蕾が朱色をのぞかせる

 希望に満ちたオレンジ色の咲き始め

 うっすらとピンクがかかる満開の花

 触れると散る黄色い花びら


すべてにアンネ

あなたの生への思いが宿っているようで

私はその生命力に目を見張るばかり


スヴニール ド アンネフランク

あなたの平和への希望がここで生き続けている


作者付記:前回の詩もこの薔薇に刺激されて作った詩でした。






エントリ3  本を読めばいろいろなことを表現できる。    霧一タカシ


本屋さんが開いた。

いろいろな人が本を買うため待っていた。

本を読むことは面白い。

本を書くことは面白い。

本を書きたい人がたくさんいた。

本を書くことは面白い。

本を読めば面白いことがわかる。

本は何かを壊せる。

映画の本をその男は買いたかった。

その男は三つの本を注文した。

帰りに音楽を聴いた。

音楽は歌っていた。

本屋は閉まっていった。

本はゴミ箱に捨てられた。

本は歌を歌っていた。

男は家を燃やした。

家は本になった。

本を読めばいろいろなことができる。