QBOOKSトップ

第112回詩人バトル

エントリ作品作者文字数
1西瓜都市石川順一92
2七色の鈴待子あかね147




 


 ■バトル結果発表
 ※投票受付は終了しました。



詩人バトル読書会
詩人バトルの感想・批評用掲示板。投票の参考にもどうぞ。
※QBOOKSのコンテンツではありません。



掲載ミス、送信時の文字化けなどございましたらご連絡ください。
その他のバトル開始後の訂正・修正は受け付けません。
あなたが選ぶチャンピオン。お気に入りの1作品に感想票をプレゼントしましょう。

それぞれの作品の最後にある「感想箱へ」ボタンを押すと、
その作品への投票ページに進みます (Java-script機能使用) 。
ブラウザの種類や設定によっては、ボタンがお使いになれません。
その場合はこちらから投票ください
感想箱




エントリ1  西瓜都市    石川順一


私が歌う度に
都市は破壊されて行く
都市は声で出来て居て
塩を振りかけると
甘みを増す
スイカの様に
半分に割られて
所々が種子で黒いが
圧倒的に赤の領域が
まさって居る(学園都市東京)
が、私のふるさと






エントリ2  七色の鈴    待子あかね


七年前の記憶に鈴をつけて
いつでも どこでも 思い出せるように

七年後の記憶に鈴をつけて
どこでも いつでも 描き直せるように

七月が始まり
七夕がやってくる

願い事を 唱える 唱える 唱える
逢いたいんだ なんていわないけれど

鈴の音は聞こえる

耳を塞いでいても
電話のベルが始終鳴り響いていても
鈴の音は聞こえる