←前 次→

第14回詩人バトル Entry12

埋まっているもの

億劫に膝下を塗り固められ
片隅にある夢はおぼろげなまま

貴方の生活をフィクションに思いたいのは
日記に書くまでもない毎日に私がいるから

でもお腹が空くし
そろそろ何回目の春が来る

混沌に身をゆだねる事ほど楽な事はないけれど
何も感じない
何も得られない

そう気が付いたときには腰まで泥濘に嵌まっていたけど
幸い手は動かせる

この二本で何か掴めるだろう
手探りだって何だって時間をかけたっていいんだ


この危惧を心地よく感じている自分が
血が通っているのだと安心した

←前 次→

QBOOKS