第160回詩人バトル結果

おめでとうございます!

今回のチャンピオンは「流れ星降り注ぐ静かな夜に革命がはじまる」大覚アキラさんに決定です。

エントリ 作品 作者 得票
4 流れ星降り注ぐ静かな夜に革命がはじまる 大覚アキラ 4
1 二人の孤独 駄々 1
2 植物たちよ 石川順一 1
3 夏非 凛々椿 1
5 Complete Ending YamaRyoh 1


感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。
「私の投票がない!」「内容が違うような」……
掲載もれ、ミス等ございましたらご連絡いただけますようお願いいたします。



 推薦作品と感想


■流れ星降り注ぐ静かな夜に革命がはじまる  大覚アキラさん
 
感想: 色彩まみれの破壊衝動。
 ガラスの破片は、きらきらしながら辺りに散らばる。
 そういう風に既存を壊して、その破片をどう組み合わせるか、その手がイマイチ進まない。
 まあ多分、今はそういう時。
投票者:その他のQBOOKS参加作者



感想:爽快。
投票者:このバトルへの参加作者



感想: 仕事で疲れた夜に、ふと山奥へ行って星を見る。それだけで人間は案外、リフレッシュ出来るものだと思えるのでした。
投票者:このバトルへの参加作者



感想: 中途半端か語彙が陳腐か、みたいなアラ探しな精神状態であるのでアレなんだけれども「陳腐でなく、ちゃんと作品の終わらせ方を解っている」という素質(及び経験)のところでこれ。
 だが好みではない。じいさんが「ワシがあと30歳若ければ……」って言ってるみたいな切なさを感じるのだ。
投票者:その他のQBOOKS参加作者


■二人の孤独  駄々さん
 
感想:中身はシンプルだしありきたりですが、
タイトルが、とても良かったので一票。
投票者:その他のQBOOKS参加作者


■植物たちよ  石川順一さん
 
感想:具体的な詩で、他の作品とは違うものを感じました。
投票者:このバトルへの参加作者


■夏非  凛々椿さん
 
感想:正直、今回はちょっとどれも微妙(自作品も含め)。
強いて選ぶなら、これかな。
投票者:このバトルへの参加作者


■Complete Ending  YamaRyohさん
 
感想:最後の行だけちょとっと分からない。「最後だと思わない」だと思いましたが。でも其処まで行くのに、僕と君は実存の深みに嵌まって、言葉まみれになって居る、そんな印象を受けました。
投票者:このバトルへの参加作者