QBOOKSトップ

第182回詩人バトル

※今回は1作品なので、チャンピオンの選出は行いません。投票はいつもどおり受け付けます。

エントリ作品作者文字数
1キングス植木357




 


 ■バトル結果発表
 ※投票受付は終了しました。



詩人バトル読書会
詩人バトルの感想・批評用掲示板。投票の参考にもどうぞ。
※QBOOKSのコンテンツではありません。



掲載ミス、送信時の文字化けなどございましたらご連絡ください。
その他のバトル開始後の訂正・修正は受け付けません。
あなたが選ぶチャンピオン。お気に入りの1作品に感想票をプレゼントしましょう。

それぞれの作品の最後にある「感想箱へ」ボタンを押すと、
その作品への投票ページに進みます (Java-script機能使用) 。
ブラウザの種類や設定によっては、ボタンがお使いになれません。
その場合はこちらから投票ください
感想箱




エントリ1  キングス    植木


カウンターに四人のキングが座っている

スペードが切り出した
「ところで諸君、無意識と意識不明の決定的な差とは何かね」

「酒に手が伸びるのが無意識。そのあとにくるのが意識不明だね」
クラブがしたり顔で答える
「それでは、みんなに聞こう。無意味と意味不明は何がちがうのか」

「考えることが無意味で、考えたことが意味不明だ」
ダイヤが、まるで素晴らしいことでも発見したような口調で叫んだ
「前後不覚と方向音痴、どっちもどっちだとおもうのだがどうだい?」

「酔っていても家に帰れるのが前後不覚、そうじゃないのが方向音痴よ」
ハートのキングが丁寧な口調で答えた
「ねえ、マスター。穴があったら入りたいほどの墓穴を掘ったことある?」

ジョーカーの扮装をした男が、カウンターを見回し不機嫌そうに云う
「キングス、そろそろラストオーダーにして頂けませんか」