QBOOKSトップ

第183回詩人バトル

エントリ作品作者文字数
1髭のゆくえサヌキマオ228
2ジェームズ石川順一162
3水無月小景植木52




 


 ■バトル結果発表
 ※投票受付は終了しました。



詩人バトル読書会
詩人バトルの感想・批評用掲示板。投票の参考にもどうぞ。
※QBOOKSのコンテンツではありません。



掲載ミス、送信時の文字化けなどございましたらご連絡ください。
その他のバトル開始後の訂正・修正は受け付けません。
あなたが選ぶチャンピオン。お気に入りの1作品に感想票をプレゼントしましょう。

それぞれの作品の最後にある「感想箱へ」ボタンを押すと、
その作品への投票ページに進みます (Java-script機能使用) 。
ブラウザの種類や設定によっては、ボタンがお使いになれません。
その場合はこちらから投票ください
感想箱




エントリ1  髭のゆくえ    サヌキマオ


風呂場で安全剃刀を使っていて
排水口に流れていく髭のゆくえに思いを馳せている

下水の果て
東京中の
関東中の男の(いや、)
髭という髭が流れた末に収束される
髭とともにはつられたあごの皮膚とともに
もりもりと
老廃物の壁を造る
退廃仏の襞を作る
髭人の誕生である

髭人は何をするでもなく
迷宮の奥底で
自分の身体が蓄積され続けることに喜びを見出すのだ、と
ここまでが
ここまでが想像力の限界

刃に詰まったあごの皮膚をシャワーの水流ではじき出し
108円で四枚入りの剃刀を
女々しく使うおれである





エントリ2  ジェームズ    石川順一


ふと空を仰げば
祖父が星となって
空に居るのかもしれないと思うと
ジェームズは思う
眼鏡を洗浄して
レバーを食べる
赤穂浪士が
ジェームズにはしっかりと見える
空はおそらく
ジェームズの意識を反映して
アクションペインティングの様な
形をしている
星はむしろ祖父に包まれて
喘ぎ声を出しながら
赤穂浪士を吐き出しているような気がすると
ジェームズは思った



エントリ3  水無月小景    植木


ポケットに両手を入れ

いわゆる

棒になろうとしている

少年達の

今まさに隆起する陰茎

全休符で

虚偽を告げる美しい声