QBOOKSトップ

第229回詩人バトル

エントリ作品作者文字数
1幸せになれ日向さち450
2私が詩について知っている断片サヌキマオ428
3子豚りよ118




 





詩人バトル読書会
詩人バトルの感想・批評用掲示板。投票の参考にもどうぞ。
※QBOOKSのコンテンツではありません。



掲載ミス、送信時の文字化けなどございましたらご連絡ください。
その他のバトル開始後の訂正・修正は受け付けません。
あなたが選ぶチャンピオン。お気に入りの1作品に感想票をプレゼントしましょう。

それぞれの作品の最後にある「感想箱へ」ボタンを押すと、
その作品への投票ページに進みます (Java-script機能使用) 。
ブラウザの種類や設定によっては、ボタンがお使いになれません。
その場合はこちらから投票ください
感想箱




エントリ1  幸せになれ    日向さち


ニノの奥さんが妊娠しているという報道が出た時
私は、嬉しい以外の何物でもないという感覚を
初めて味わったような気がした

昔、テレビを観ていて
まだ中学生だったニノの発言に笑っていたら
家族に、お前も同じだろ、と言われたことがある
ぼーっとしてればすぐ1年経っちゃいます、という
ぼーっとしているキャラだった彼の言葉だ
でも私は、彼の表情を
ぼーっとしていると感じたことがない

彼は芝居が上手くて
人の懐に入るのも上手くて
ボケもツッコミもMCもこなして
器用と言われている一方
元々の気質のせいで、幼いころから誤解を受けてきたらしい
感情表現が乏しかったり、集団生活が苦手だったり
その辺りは私と同じなのだと思う

だから、というのもあり
私が子孫を残すことはないだろう、というのもあり
彼が親に孫の顔を見せたいと語っていたとの情報も受けて
彼のファンからアンチになった人たちの言葉にも触れた上で
彼の選択や言動を全て肯定できるような気持ちでいるし
肯定し続けたい

どうか
赤ちゃんが無事に生まれてきますように
たくさんの祝福の言葉に迎えられますように

作者付記:赤ちゃんは無事に生まれてきたそうですが、妊娠報道の直後に書いた内容から、ほとんど変えていません。
タイトルはTwitterのハッシュタグ「#二宮和也死ぬ気で幸せになれ」から拝借しました。






エントリ2  私が詩について知っている断片    サヌキマオ


むかしむかし
詩は存在であったげな
「光あれ」というと光があり、
ホットケーキというと
差し出した手のひらにホットケーキが現れる(そして火傷をする)

時代がやや下って
詩人は王と=じゃった
ソロモンとかいうおっさんが
言葉で世界を支配した

それから、↑からの言葉を預かってみたり
自分が天になって言葉を作ってみたり
言葉の力を様式として押しピンしてみたり
韻と形式のないものは詩として認めなくしたり

韻と形式は
裏を返せば、どんな阿呆陀羅でもそれなりのかたちのものが出来るようにした、ということで
かたちはあっても
中身のないことですたれていった
中身のない甲冑ばかりが
しばらく楼閣の中をうろうろする時代が続く

そしてようやく
一連の言葉は存在のころにもどってこようとするが
そのころには人間が縮んでいた
かつては肉体とおなじサイズであった言葉が
いっぴきの三日月藻と地球上の海くらいの
サイズ比になってしもて

もう諦めてもろて
いまとなっては
剣より弱いペン

「引き寄せの法則」なんぞという言葉が
私は嫌いです





エントリ3  子豚    りよ


スーツ姿の子豚に一昨日
別れを告げた
二本足で立とうとも
濾過できないその思い
子豚の語り草は
四本足の頃の武勇伝
林に飛び込んで水を得た
よく共に歩いた地だからこそ
ほろ苦い味がする
破れたスーツをみた昨日
雷が私を貫いた
三本足でいられるのも
あともう少し