QBOOKSトップ

第238回詩人バトル


※今回は1作品なので、チャンピオンの選出は行いません。投票はいつもどおり受け付けます。

エントリ作品作者文字数
1団塊世代日向さち390




 


 ■バトル結果発表
 ※投票受付は終了しました。



詩人バトル読書会
詩人バトルの感想・批評用掲示板。投票の参考にもどうぞ。
※QBOOKSのコンテンツではありません。



掲載ミス、送信時の文字化けなどございましたらご連絡ください。
その他のバトル開始後の訂正・修正は受け付けません。
あなたが選ぶチャンピオン。お気に入りの1作品に感想票をプレゼントしましょう。

それぞれの作品の最後にある「感想箱へ」ボタンを押すと、
その作品への投票ページに進みます (Java-script機能使用) 。
ブラウザの種類や設定によっては、ボタンがお使いになれません。
その場合はこちらから投票ください
感想箱




エントリ1  団塊世代    日向さち


夕飯、何食べたい?
という母からの質問が
最近は
こないだのやつ作っといて、とか
豚肉あるから何か作って、とか
に変わっている

こうして、少しずつ
立場が変わっていくのだなと思う
とはいえ
私が仕事に行っている時は
母が料理をしていて
まだまだ、という気持ちがお互いにある

新卒で就職した会社を辞めてからは
ずっと親元で暮らしていて
それから家族が増えることもなく
両親との生活が当たり前になっていて

兄のまだ幼い一人息子の動画をタブレットに送ってもらって
何遍も再生しては笑っているのを
うるさいな、とは思うものの
それが無ければ静かすぎるくらいの家だ

当然のように
今の年齢であれば
孫が何人かいて
自治会のことや大抵の家事は
我が子に任せて
趣味程度に農業をやりながら
のんびり暮らしていると
想像していただろうに

シミの目立つ手で湯呑みを握りながら
無事に金婚式を迎えてぇなって話している隣で
相槌もそこそこにパソコンを弄る私がいる