QBOOKSトップ

第246回詩人バトル


※今回は1作品なので、チャンピオンの選出は行いません。投票はいつもどおり受け付けます。

エントリ作品作者文字数
1夕立日向さち252




 





詩人バトル読書会
詩人バトルの感想・批評用掲示板。投票の参考にもどうぞ。
※QBOOKSのコンテンツではありません。



掲載ミス、送信時の文字化けなどございましたらご連絡ください。
その他のバトル開始後の訂正・修正は受け付けません。
あなたが選ぶチャンピオン。お気に入りの1作品に感想票をプレゼントしましょう。

それぞれの作品の最後にある「感想箱へ」ボタンを押すと、
その作品への投票ページに進みます (Java-script機能使用) 。
ブラウザの種類や設定によっては、ボタンがお使いになれません。
その場合はこちらから投票ください
感想箱




エントリ1  夕立    日向さち


庭を眺めながら
蝶が嫌いだ、と思う
アゲハ蝶が予測不能にチラチラ飛んで
花に降りては吸い付いている
しかし
それが無いと花は種を実らせることができない

じっとしているだけで汗をかく
冷蔵庫内でかさばっていた西瓜に齧りつく
種は噛み砕く
山の上には入道雲が

太陽が下りてきて、風が吹き込んで
Tシャツが乾いてゆく
体温を吸い取られる
吸い取られているのに重くなる
体が沈んでいくのを
できる限り無視しようとする

雷鳴と土砂降りの音を聞く
いっそ雨に打たれたらいいと思いながら
踏み出そうという気分になれなくて
自然と浮き上がる時を待つことにする