第29回詩人バトル結果

  INDEX
 エントリ 作者 作品名 文字行数 得票 ★
 1 おに  僕は虎  28   
 2 鈴矢大門  狂うことは気持ちいい  31  1
 3 香月朔夜  堕眠  15   
 4 月子  こんぺいとう  9   
 5 空人  アイコ  27  4
 6 有機機械  自由  19  1
 7 凛  あの夏の恋  41  2
 8 ながしろばんり  5087398  18   
 9 狭宮良  旅する  21  2
 10 相川拓也  時空の一点  16  3
 11 大覚アキラ  神様ごっこ  24   
 12 沙汰  朝の水族館  19  1
 13 葉月みか  小鳥ちゃんのヒミツ  20   
 14 檸檬ラ  袋小路、Uターン  3  3
 15 ヨケ:マキル  キリエス博士の臨床実験  27   
 16 小松知世  ツーリング(ある日常的なヒトコマ)  73   
 17 佐藤yuupopic  ロマンチック電車、江ノ島ゆき  234  2
 18 ヒヨリ  眠れぬ夜  13  1
 19 高崎伽耶  路の途中  22   
 20 mi  三日月  17   
 21 歌羽深空  にじとじと  196   
 22 さと  夜月花  178   
 23 lapis.  這う闇  49   
 24 8148(略)ソラン  ゴーイング アンダーグラウンド  26  2
 25 五月原華弥  湖  15  1
 26 YamaRyoh  Now&Then  31   
 27 棗樹  ミディアム  40  6 ★
 28 木葉一刀(コバカズト)  影の円舞  19   
 29 橘内 潤  『perfect morn』  26   
 30 片岡麻実  『戦争と平和』ならぬ『戦争と会話』  676   
 31 タロ○  その先にあるもの  67   
 32 詠理  回顧  50   
 33 日向さち  高波  26   
 34 ぶるぶる☆どっぐちゃん  存在と認識とドライブ  24  1
   推薦作品なし   1



第29回詩人バトルチャンピオンは、棗樹さん『ミディアムに決定しました。
棗樹さん、おめでとうございます。

感想票

推薦作品:ミディアム
作者名:棗樹
感想:最近のバトルでは、いつも棗樹さんの作品に注目していたのですが、
今回のは「やられた!」と思いました。
視覚的にも、面白い試みだったと思います。
次点として、日向さちさんの『高波』。
近頃、さちさんの作風が変わって来たように思います。
何かあったのかな?(笑)
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:ミディアム
作者名:棗樹
感想:実際、ぴんとこずどれなのか迷った。
MAOさんの作品があまりにも惜しい。
あくまで素の形で出して欲しかった。
ミディアムにこだわる理由がいまいち読み取れなかったが、
落ちのような最後はなんとなく沁みこまないが、
私は中道派。ピンポイント賞。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:ミディアム
作者名:棗樹
感想: 読み終わったあとの印象で決めました。ちょっと幸せになる。
途中変化がついていたりして、飽きませんでした。短くはないですが、
全体的にしまっていて好印象。なにより、雰囲気が好みでした。
ただ、「中」という字で揃えてあるので、音読してみてもすっと
読めるようなリズムにしてほしかった。
 しかし、中指、素敵だ。
他に気になった作品4つ。
「5087398」ながしろばんりさん
 まず一見してびっくり。更に中身を読んで好きになりました。
「コノハナサクヤ サクヤ サクヤ」というリズムは
美しいなぁ。シュールな世界観がかっこいい。
「ロマンチック電車、江ノ島行き」佐藤yuupopicさん
 全体にただよう雰囲気が見事です。行間を利用した
読ませ方も上手い。さらっとした語り口が気に入りました。
「ゴーイングアンダーグラウンド」8148(略)ソランさん
 強い詩だな、と思いました。それだからこそ
もっと汚くても印象の強い言葉をばしばし使って
よかったと思います。言葉がきれいすぎる、かな。
「存在と意識とドライブ」ぶるぶる☆どっぐちゃんさん
 シュールながら支離滅裂でない明解なメッセージを
感じました。ボクサーと哲学者の意味するものは、タイトルに
なっている存在と意識でしょうか。うーん。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:ミディアム
作者名:棗樹
感想:棗樹さんか、佐藤yuupopicさんか。
相当迷ったが、今回は棗樹さんに1票。
これ、たぶんチャンピオン獲るんじゃないかな。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:ミディアム
作者名:棗樹
感想:棗樹      ミディアム に一票。
こういうのは見た目だけになりがちだが、中身も良かった。
二文字あけが行ったり来たりで、揺れる思いっぽくて。
で、「佐藤yuupopic ロマンチック電車、江ノ島ゆき」も良かったっす。
しっとりとしてて。なんとも言えず。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:ミディアム
作者名:棗樹
感想: 中尽くし、なんて表現上の冒険をしながらちゃんとストーリーとしても詩としても完成度が高いのに非常に嬉しくなりました。階段状に行を下げていくのもカッチリはまって、文句無しの出来なのでこれに一票。
 なお、次点は「perfect morn」橘内 潤、「あの夏の恋」凛、「ロマンチック電車、江ノ島ゆき」佐藤yuupopicの三点で。(M)
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:アイコ
作者名:空人
感想:空気が良いです。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:アイコ
作者名:空人
感想:あいかわらず、詩に投票するのはムズカシイ……。
投稿するのはカンタンなのに……。
「僕は虎」「アイコ」「袋小路、Uターン」「ロマンチック電車、江ノ島ゆき」「ミディアム」「高波」
ん……このへんかなぁ? さて……ん……「アイコ」「高波」かな。
「アイコ」はもうちょいリズムが弄れる気がするし、「高波」はちょいと説明的に過ぎるきらいがあるし……その点で、「アイコ」の方が好みかな?
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:アイコ
作者名:空人
感想:全作品を読み終えて、すごい、という印象を持った作品はありませんが、幸福感が良かったということで、空人さんに投票しようと思いました。ただ、「踊るような声」というニュアンスは、どうも好きになれませんでした。図々しい感じがして。
次点は狭宮良さん。もっと完成度の高い作品はいくつもあったように思いますが、空人さんの作品が無かった場合、投票するならこれしかないような気がするので。
ユポさんとヨケ:マキルさんの作品は、上手いなぁと思うのですが、投票しようかと考える対象にはならないです。どういう基準なのか、自分でも分からないのですが。
by 日向さち
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:アイコ
作者名:空人
感想:何度か全部通して読んだのですが、その度に「良いな」と思うものが違う・・・。
そんな状態だったので選ぶのに迷いました。
結局毎回気になった作品の、空人さんの「アイコ」に決めました。
二人のやりとりが微笑ましい感じでした。そこが好きです。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:袋小路、Uターン
作者名:檸檬ラ
感想:あんまり短い詩はすきじゃなかったんですけれど、これはさすがに「やられた」って思いました。気持ちが何となく伝わる、そういうことで推させていただきます。
どれもいい作品なんですけれど、これがなんか好きです。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:袋小路、Uターン 
作者名:檸檬ラ 
感想:様子が想像出来ました。短いけれど印象に残りました。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:袋小路、Uターン
作者名:檸檬ラ
感想:この緊迫感、緊張感はなにごとでしょう。
私も彼女みたいに強くなって、アクセルを踏み込みたい。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:時空の一点
作者名:相川拓也
感想:シンプルな言葉で、風景を的確に切り取って見せてくれました。
第一連と四連が特に好きです。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:時空の一点
作者名:相川拓也さん
感想:ああ、何かいいなあ。って思いました。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:時空の一点
作者名:相川拓也
感想: 綺麗なイメージが抱けたから。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:ロマンチック電車、江ノ島ゆき
作者名:佐藤yuupopic
感想:淡々としたリズムが、雨模様や少しつまらない気分を端的に表現
している気がしました。言葉だけではなくて、詩の形式を活用して
いるなあと思ったので。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:ロマンチック電車、江ノ島ゆき
作者名:佐藤yuupopic
感想:
"ロマンチックのせて
走る
電車
俺、のせないで
江ノ島ゆき"

この最後の段落がすごく好きです。
小田急のロマンスカーの赤い車体が、
雨の中を高速で通り過ぎて行く様子が浮かびました。
主人公の「ちぇっ」って感じの
軽いイジケっぷりが微笑ましいです。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:ゴーイング アンダーグラウンド
作者名:8148(略)ソランさん
感想:3連がなんともすっと、カラダに収まる感じで、すごく気に入ったので。
よかったです。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:ゴーイング アンダーグラウンド
作者名:8148(略)ソラン
感想:期待外れの21世紀という言葉がカッコよかった。まだまだこれからの21世紀にそう言い放つところが。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:旅する
作者名:狭宮良
感想:9  狭宮良さん「旅する」
今回はあまり好きな作品がなかったけれど
推薦作は好きな言葉がたくさん使われていてよかった。
次点はなし。
もう一つ好きなのは
11  大覚アキラさん「神様ごっこ」
他に引っかかったのは
5  空人さん 「アイコ」
7  凛さん 「あの夏の恋」 
14  檸檬ラさん  「袋小路、Uターン」
24  8148(略)ソランさん  「ゴーイング アンダーグラウンド」
33  日向さちさん 「高波」
やり口が面白かったのは 
8  ながしろばんりさん 「5087398」
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:旅する
作者名:狭宮良
感想:そういえば初めて投票するなあこの方に。
これからも頑張って下さい。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:あの夏の恋
作者名:凛さん
感想:何度も読み返したくなる詩。
きっと実体験なんでしょうね。リアルさが胸に染みました。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:あの夏の恋
author:凛
感想:今回は凛さんの『あの夏の恋』に一番惹かれました。
自分の感性と近いものを感じたからかな。
「ああ、わかる」――その感じが、その虚しさが切なくさせてくれました。
「疲れていたからちょうどよかった」
これは、オンナならでは、かな(笑)
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:自由
作者名:有機機械
感想:自分が何に苦しんでいるのか、自分って何なのか、アイデンティの喪失とよばれる時代に自分なりの答えを出しているところに惹かれました。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:狂うことは気持ちいい
作者名:鈴矢大門
感想:前回とは大分異なった、タイトル・内容に驚きました。
爛れた愛の本質の中に見える蒼さと清らかさが、境界人間とも呼ばれる10代〜20代を生きる人達の、誰もが体験する思いの象徴のようで、少し切なくなり、同時にこんな思いをするような恋を、この先したりするのだろうか、とも思いました。
狂った世界。おおいに結構。
いつか、誰かと分かち合ってみたいものです。
推薦者:純粋読者

推薦作品:眠れぬ夜
作者名:ヒヨリ
感想:こんなことって、ありますよね。
私だったら、速攻で打破しようとしますけど。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:朝の水族館
作者名:沙汰
感想:スリムな感じがいい。
泳げなければ 沈むしかない。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:存在と認識とドライブ
作者名:ぶるぶる☆どっぐちゃん
感想:次回バトルの〆切が迫る中、私はじっくり作品を読んでいた。
一つ一つ、作品を読むこと早数日。遂に33作品を読破した。
さあ、残りは1作品。そこで私は、哲学者のアッパーカットに発狂・悶絶。
その後の展開にも押されっぱなしのまま、今回はこの作品に一票っ!
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:湖
作者名:五月原華弥
感想:くどくなくてそれでもってちょうどいい。
推薦者:QBOOKS作者

推薦作品:なし
作者名:なし
感想:いつも上手い作品などではなく
感覚的に好きな作品に投票しておりますが
今回はストライクが一つもありませんでした。
強いてあげれば、ミディアムとガラスケースが気にはなりましたが
アンパイアの判定はボールでした
以上
推薦者:QBOOKS作者

QBOOKS
◆QBOOKSに掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆作品の著作権は各作者に帰属します。掲載記事に関する編集編纂はQBOOKSのQ書房が優先します。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。
◆スタッフ/マニエリストQ・3104・厚篠孝介・三月・羽那沖権八・日向さち