第30回詩人バトル結果
おめでとうございます! あなたが栄光のチャンピオンです!
『あの、感じ、』大覚アキラさん
『傾く王国』狭宮良さん
『明後日は、海』ながしろばんりさん

推薦作品と感想

作品:あの、感じ、
作者:大覚アキラ
感想:あの感じ。なんだかぞっとしました。
票者:QBOOKS登録作者

作品:あの、感じ、
作者:大覚アキラ
感想:(推薦作)Entry31「あの、感じ、」大覚アキラさん
……今回、残念ながら前回に続いてあまり気に入る作品がない……。
きっと自分のせいなのだろう。自作もだいぶ弱いし。
(今回は投稿レベルにないとかなり反省してます)
そんな中で、一番を選ぶならやっぱり「あの、感じ、」かなあ。
大覚さんの作品の中では、自分的には順位は低いけど(失礼!でもそれだけ強い作品を数多く生み出されている証拠で。前回の「神様ごっこ」もよかったし)好きだ。
いつもは結構、私もこう言う風に感じるけど、自分だったらこう言う風に書かないなあ、と思う部分で惹かれるのだけど、本作は、私もこう言う風に書くなあ、と思うので、その辺が物足りなかった。 (なんて身勝手な読者でしょう!でも投票します。。。笑)
次点はなしで、他になにか残った作品は凛さん「唐突に過去の恋が襲う」ヒヨリさん「アレルギックライフ」橘内 潤さん「サブマリン」の三作、以上です。
票者:QBOOKS登録作者

作品:あの、感じ、
作者:大覚アキラ
感想:「重くて速い風が耳元をドヒュン、」てもの凄くもの凄くわかる感じなのに、自分で書けないのは何故なんだろう。
票者:QBOOKS登録作者

作品:あの、感じ、
作者:大覚アキラ
感想:記念すべき30回とあってか、なかなか良い作品が多くて選考に迷いました。
その中でも「唐突に過去の恋が襲う−凛さん」「あの、感じ−大覚アキラさん」「花束−ぶるぶる☆どっぐちゃんさん」の3作品で迷いに迷いました。
何度も読み返した結果、この作品にあるパワーに惹かれました。
そんなわけで、今回は暑い夏をドヒュンと吹き飛ばしてくれた(?)この作品に一票っ!
票者:QBOOKS登録作者


作品:傾く王国
作者:狭宮良 
感想:心に響くような詩でした。なぜだかは、わからないのですが。
票者:QBOOKS登録作者

作品:傾く王国
作者:狭宮良
感想:推薦作は、独特の表現と情感があり、いつもと同じだなと思いつつも、一番心に降りてきた作品でした。でも、タイトルは「遊水地」のままが良かったと思います。以下、気になった作品(次点ではない)。

蝉 鳥月さん
一行めに「朝」とあり、「ほたる」は夜、では、蝉は何時なのでしょうか。そういうところが気になりました。蛍の扱い方も、やや漠然としてしまった感じですね。平仮名にした意図も掴めませんでした。蝉と蛍との比較や、鳴と泣のニュアンスを被せる辺りにセンスを感じます。QBOOKS新人賞(そんなの無いけど)あげたいです。

シャッポー オブ アルルカン 檸檬ラさん
間の取り方や記号の遣い方が絶妙だと思います。緊張感も伝わってきます。ただ、作者本人の仰る脱帽というのがよく分からなかったです。
票者:QBOOKS登録作者

作品:傾く王国
作者:狭宮良 
感想:今回はこれです。一番心に入り込んできました。
票者:QBOOKS登録作者

作品:傾く王国
作者:狭宮良
感想:感想はあまり上手く書けないので詳しくは書きませんが、これで良いです。チャンピオンはこれで良いです。
ていうかチャンピオンはこれが良いです。
これじゃあ無ければいけないと思う。
票者:QBOOKS登録作者

作品:明後日は、海
作者:ながしろばんり
感想:夏なのにひやっとして台所の床みたいな感じで、でも空気はなまぬるくて、そんな中で明るい海の夢を見ている。
なんて素敵なんだ! というわけで一票。
票者:QBOOKS登録作者

作品:明後日は、海
作者:ながしろばんり
感想:ことばがすごーく美しいと思いました。海の、波音が聞こえました。すきです。
その他気になった作品
・佐藤yuupopicさん「日かげの壁よりバニラアイスよりひんやり冷たい」
・狭宮良さん「傾く王国」
・凛さん「唐突に過去の恋が襲う」
・ぶるぶる☆どっぐちゃんさん「花束」
票者:QBOOKS登録作者

作品:明後日は、海
作者:ながしろばんり
感想:今回は迷い無く、MAOさんの「明後日は、海」に投票させていただきます。
夏の終わりの切なさが滲む綺麗な情景描写が素敵です。
そういえば、また今年も海に行ってないなぁ。
票者:QBOOKS登録作者

作品:明後日は、海
作者:ながしろばんり
感想:推薦したこの作者が掲示板で言っていたように今回は低調ってのをいざ投票しようと意気込むまで気付かなかったのです。それまでは

油絵
酒と女と男のロマン
八月の窓

辺りが好きだったのですが投票しようと決めてから決め手に欠けてしまいました。
そんな中何度も読むうちに浸透してきたのが
明後日は、海
何度も読むうちに何となく作中の風景の中で気だるそうに寝転がる自分を観てしまいました。
票者:QBOOKS登録作者

作品:八月の窓
作者:8148(略)ソラン
感想:今、まさにそんな心境。
机の上の紙とペン、もしくはパソコンの画面ばかり見てないで現実の外の空の下で汗をかきたい。
フラッシュバックを振り払いながら。
票者:QBOOKS登録作者

作品:八月の窓
作者:8148(略)ソラン
感想:さて、この常設詩人バトルもついに30回の大台に乗りましたね〜。
記念すべき第30回のチャンピオンの座につくのはどちらサマか?!
色々悩みましたが……というのはウソで、一瞬で決めました。
8148(略)ソランさんの「八月の窓」です。
スカ───────────────────ンと抜けてる高い青空。
ワタシにも見えましたよ、放物線。
ところで、いつまで8148(略)ソランでいなくちゃいけないのですか?
一刻も早く呪いが解けて、元の姿に戻られる日を祈っております……。
                    イグチさまを慕う乙女より
票者:QBOOKS登録作者

作品:花束
作者:ぶるぶる☆どっぐちゃん
感想:そうそう。こういうのが読みたいんだよね、なんかいいな、ってそういう感じの。
別にね、ほんとは理由なんていらないの。
いいな、これ。ってそう思えれば。
そういうわけで、イグチさんの「八月の窓」も良かった。
なんか、ほんとに僕をバスケに連れ出してくれそうで。
票者:QBOOKS登録作者

作品:花束
作者:ぶるぶる☆どっぐちゃん
感想:どっぐちゃんワールド、読んで一発で好きになりました。不条理で、何となく幸せになれるいい詩です。
他に気になった作品
「日かげの壁よりバニラアイスよりひんやり冷たい」佐藤yuupopicさん
こちらも、作者独特の世界。こういう時って、なんだか暑さが普段と違うようで、不思議な感じ。もどかしい。ユポさんの詩は季節感があって好きです。
「最期の吐息」木葉一刀さん
ジリジリと緊迫した空気が見事。それに煙の描写が美しい。蚊の羽音は最後の一連でしか描写されていないが、これは最初から詩をつつんでいる。ベルトランという詩人の「絞首台」で同じような技法を見た事があります。
「明後日は、海」ながしろばんりさん
ドキドキします、こういう詩。全体をつつむ雰囲気がとても幸せ。いろんな感覚がリアルに伝わってきます。
「あの、感じ、」大覚アキラさん
最初読んでびっくり、「ドヒュン」という感じ、納得してしまいました。ただ、そこから先少し物足りなかった。
票者:QBOOKS登録作者

作品:停滞者のわがまま
作者:鈴矢大門
感想:次々と湧き上がる気力を感じた。
横読みのほうが気力の無方向性を感じさせて好きだった。
停滞者の中に超特急が走っている真摯という滑稽さ。
飾りのない言葉が今回の作品群のなかでは特に印象的。
次点、
「傾く王国」狭宮良さん
この透明感はなによりも毒々しく息苦しい。
それを抑えるためか、少しフィルターをかけすぎたようにも思った。
票者:純粋読者

作品:停滞者のわがまま
作者:鈴矢大門
感想:初め、読み方に戸惑った。読みながら、不思議な感じがした。でも、こういうのもアリだな、と思った。自分の中にある、停滞していた気持ちが、最後の四行と一緒に綺麗になくなった。前に進む切欠になるような詩だと思う。
票者:純粋読者

作品:強い風
作者:松田めぐみ
感想:一連一連違うのだが、繋がっていると思う。不安や、起源や、現実。私には一本筋が見えた。
票者:QBOOKS登録作者

作品:強い風
作者:松田めぐみ
感想:最近は「自己消却」願望を持つ人が多いそうだけど、確かにそうなのかもしれません。
自分はいなくてもいいけども、あの人はいなかったら、自分が困る。
不公平だけど、不公平じゃない、微妙なかんじ。
票者:QBOOKS登録作者

作品:朝
作者:山本翠
感想:すごくシンプルなんだけれど、その6行だけで心の晴れていないところが見える感じがよかったです。
票者:QBOOKS登録作者

作品:アレルギックライフ
作者:ヒヨリさん
感想:淡々とした起伏にヤラレマシタ(笑)
票者:QBOOKS登録作者

作品:グレ−プフルーツ
作者:棚橋あすか
感想:う〜む、困った。
「グレ“−”プフルーツ」とか「“3”時」とか、文章的なチグハグ感が嫌なんだけど、コーヒーの下りが非常にツボなのです。
ということで、投票。
票者:QBOOKS登録作者

作品:はたち
作者:氷月そら
感想:すごく共感できました。素敵な詩です。
票者:QBOOKS登録作者

作品:日かげの壁よりバニラアイスよりひんやり冷たい
作者:佐藤yuupopic
感想:題がセンスあるなぁと思いました。
いろいろ迷いましたが、一番共感できました。
票者:QBOOKS登録作者

作品:風
作者:lapis.
感想:少し切ない感じが致しました。でも、とても柔らかくて良いと思います。
票者:QBOOKS登録作者

作品:サブマリン
作者:橘内 潤
感想:思わずうなずいてしまいました。とても好感が持てました。
票者:QBOOKS登録作者

作品:最期の吐息
作者:木葉一刀
感想:蚊取線香の終焉、言葉の力を使って非常に濃密な空気が描けているところはまさに文藝。全体的に独善的なニュアンスが漂う中で、文藝の仕事をキッチリやっていた本作に一票。
なお、次点は「傾く王国」狭宮良、「停滞者のわがまま」鈴矢大門、「ラシクナイ行ヒ」歌羽深空の三点で、ひとつ。
票者:QBOOKS登録作者(M)

作品:マーキィ・ルゥの遺言<ボクのアートに永久的な価値などありはしない>
作者:ヨケ:マキル
感想:感想、て言ってもねえ。ただ好きなんです。
相変わらず意味よくわからないけど。
票者:QBOOKS登録作者

作品:唐突に過去の恋が襲う
作者:凛
感想:流れる交差点の風景がスローモーションからコマ送りに見えてきました。なんとなく彼女の心も見えた気がしました。
票者:QBOOKS登録作者

作品:世界
作者:まっか
感想:ものすごく共感しました。
誰も見たことないけれども、今確かにそこに存在するもの、存在する場所。
憧れますね。
票者:QBOOKS登録作者

作品:新しい朝
作者:空人
感想:わかるから。
票者:QBOOKS登録作者



QBOOKS
◆QBOOKSに掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆作品の著作権は各作者に帰属します。掲載記事に関する編集編纂はQBOOKSのQ書房が優先します。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。
◆スタッフ/マニエリストQ・3104・厚篠孝介・三月・羽那沖権八・日向さち・蛮人S