Q書房トップ

詩人倶楽部

第4回詩人バトル
poem11

鳴らない風鈴

作者 : 空人
Website :
夏の嵐に 吹かれた風鈴
縁側に落ちて割れた

幼い悪戯か あわれな姿で
風にさまよっている

聞こえないはずの風鈴で
なぜだか目が覚めた

鳴るはずのない風鈴の音 夕暮れに響く
僕の耳には届くはずもない
もう奏でない風鈴の音 息を殺しても
無口な浜風にさらわれるばかり

あの日の君に もらった風鈴
縁側に落ちて割れた

幼い思い出は あわれな姿で
風にさまよっている

消えそうな君の歌声が
聞こえたような気がした

鳴るはずのない風鈴の音 夜空に響く
僕の耳には届くはずもない
もう奏でない風鈴の音 息を殺しても
記憶の彼方に埋もれていくばかり






インディーズバトルマガジン QBOOKS
◆Q書房に掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆投稿された各作品・画像等の著作権は、それぞれの作者に帰属します。出版権はQBOOKSのQ書房が優先するものとします。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。