Q書房トップ

詩人倶楽部

第4回詩人バトル
poem5

割れてしまったサラダボール

作者 : 木葉一刀 [コバカズト]
Website : 鉱石のRevolution
獣のように肉体を貪る夢を見たい
人に成れぬのなら獣の侭でいい
不適合者の烙印を押されたとしても
僕は僕の獣が叫ぶ通りの道を往きたい

心に触れるために近づこうとする努力は
相手が合わせてくると云う偽りの心に触れ
報われたと思いこむ努力は
小躍りで喜ぶ道化の舞いの様だ

人
獣
人
獣

人はいつ獣を捨てたのか
否
人はいつ獣を押さえつけたのか

僕は獣でありたい
僕は獣を解放したい
僕は僕は僕は僕は
僕の中の獣はすなわち僕だ






インディーズバトルマガジン QBOOKS
◆Q書房に掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆投稿された各作品・画像等の著作権は、それぞれの作者に帰属します。出版権はQBOOKSのQ書房が優先するものとします。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。