第39回体感バトル1000字小説部門結果

おめでとうございます!

今回のチャンピオン作品は、
risukaさん『かけおち』
TEROさん『歳をとるということ』
の2作品です。

エントリ作品作者得票
07かけおちrisuka3
09歳をとるということTERO3
01Shining*みらくる。2
04不貞寝役者土目2
02ぷちぷち草見沢繁1
05どうする?、どうなる?読人隣1
06生きている意味さおりんご1
10ハート青木優1


感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。
「私の投票がない!」「内容が違うような」……
掲載もれ、ミス等ございましたらご連絡いただけますようお願いいたします。



推薦作品と感想

■かけおち  risukaさん
 
感想:一番おもしろかったです。
普通に展開にびっくりして。

「不貞寝役者」もおもしろかったのですが、
印象が強かった「かけおち」の方に、一票入れさせていただきます。


票者:純粋読者


感想: 序盤の雰囲気がなんとなくサイモン&ガーファンクルの『アメリカ』に似ていました。
票者:純粋読者

感想:07 かけおち risukaさん
(感想)いい。読ませる。そしてオチが唐突。なんじゃそりゃあ! 台無しな感じも良かったりして。

他の作品

01 Shining* みらくる。さん
(感想)可愛らしいが物足りない。もう少し続きを読みたい。
02 ぷちぷち 草見沢繁さん
(感想)荒んでるなあ。哀しい。それを意識して書いてる気がする。彼女に向けた言葉は、そのまんま自分に向けた言葉なんだろう。
03 闇の音 COCOさん
(感想)こっちは壊れてるなあ。電話口の向うの女は、主人公の知り合いのはずだけど、誰かもわからないし、主人公の無関心ぶりが怖い。
04 不貞寝役者 土目さん
(感想)楽しい。オチまで素直に読める。
05 どうする?、どうなる? 読人隣さん
(感想)ご利用は計画的に。そんなシャレの通る事態じゃあないって思うけど、とりあえず世紀末は過ぎてるしね。
06 生きている意味 さおりんごさん
(感想)答えなしもまた答え。そんな人生を受容できれば答え合わせに行くのは後でも良かったんでしょうね。
08 改革路線 たまげたはなをさん
(感想)普通逆って気もするが、人の好みはわからない。
09 歳をとるということ TEROさん
(感想)これも普通と逆。年をとるほど順応は難しくなると解釈できる。でも処世術は人それぞれだから。
10 ハート 青木優さん
(感想)納得。どこで掛け違ってしまうんだろう。思い込みって怖い。でも、何とかなる。何とかしましょう。ところで、タイトルも何とかして欲しかった。
11 聖者と愚者 国忠さん
(感想)思考も感情も、愛さえも奪われた哀しき人形。
票者:その他のQBOOKS参加作者


■歳をとるということ  TEROさん
 
感想:慣れるに限るってのは至言ですね。
酒で記憶をなくしているときに結婚して子供まで作っちゃうなんて怖いですね。
票者:このバトルへの参加作者


感想:非常に読みやすく、わかりやすい。わかりやすいから気持ちを理解しやすい。
何よりも違和感を感じない。無理せずに文章を書いていると感じさせる器量と題材選びに好感を持った。
票者:このバトルへの参加作者


感想: すんなりと読める。文章はたぶんプロ級。理に適った構成と筋書きに脱帽。
票者:純粋読者


■Shining*  みらくる。さん
 
感想:部分的にはありふれた感じなんだけれども、集合すると何か良いんですよ。だから一票入れざるをえないんです。
票者:その他のQBOOKS参加作者


感想:文章から生まれる2人の間の空気感や雰囲気が良かったです。
こんな真っ直ぐな題材を真っ直ぐ書き上げるのは難しいのではないでしょうか。
最後で「めでたしめでたし」にしていない所にも好感。

次点 6「生きている意味」 2人の会話が良かったです、面白い解釈ですね
なぜショートヘアとツインテールなのかが分からなかった。
同じく7「かけおち」 このタイトル以外に伏線が見えなかったのが残念。読み終わった後、戻ってみると「此処にヒントが!」というのが良いのではないでしょうか。
古い農家の描写などは上手いと思いました。
同じく9「歳をとるということ」 前半が少し多すぎる気がしますが、入り方の設定、オチ、漂う脱力感、良いです。ですが最近たまたまこれによく似た作品を読んだばかりだったので…。
票者:その他のQBOOKS参加作者

■不貞寝役者  土目さん
 
感想:最後のツッコミがおもしろかった。
あぁいう明るい小説は好きなので読んでてとても楽しかったです!
私もあぁいう明るくて面白いようなものを書きたいです!
票者:このバトルへの参加作者


感想:最後のツッコミがおもしろかった。
あぁいう明るい小説は好きなので読んでてとても楽しかったです!
私もあぁいう明るくて面白いようなものを書きたいです!
票者:このバトルへの参加作者


■ぷちぷち  草見沢繁さん
 
感想: 「ぷちぷち」か「かけおち」か。小説としての仕事なしているのはこの二点だけであります。あとの作品はアニメでも映画でも漫画でも大差あるまい。
 で、「かけおちだ!」は画集の上に檸檬置いて「爆弾だ!」というのに通じるところがあるけれども、あまりにも突拍子も無いのでちょっとなぁ。
 「ぷちぷち」も物足りないけどなぁ。一番骨は、ある。(M)
票者:その他のQBOOKS参加作者


■どうする?、どうなる?  読人隣さん
 
感想:気になったのは、「生きている意味」と「闇の音」です。

●生きている意味

生死に対する幼いがゆえの答え、というテーマが良かったです。
あとは書き方がもう少し、重みと清潔さがプラスされればな、という感じです。
なんとなく、ふわふわした軽さがあります。少女らしさという描写を出すためかもしれませんが、私はやはり上記にそって書いて欲しかったです。

●闇の音

夜の静けさの中にある不思議な躍動感が素敵でした。
でも一文一文が開いてましたね。行間から文章のふいんきを出したいのか、でも等間隔だったため、文章に入りにくくなっただけという印象を受けます。
せっかく誰にも共通するであろう思いを描いたのですから、ただぷつぷつとぎるのではなく、文章と文章に糸を通してほしかったです。

そしてこの作品。

テーマも書き方もオチも、素敵でした。勉強させて頂きます(ぺコリ)




票者:このバトルへの参加作者


■生きている意味  さおりんごさん
 
感想:なんとなく印象に残るお話でした
1000文字書き切って欲しかった
票者:このバトルへの参加作者


■ハート  青木優さん
 
感想: 授業中の教室内描写が自然に描かれていて良かった。
票者:このバトルへの参加作者