≪表紙へ

1000字小説バトル

≪1000字小説バトル表紙へ

1000字小説バトル stage4
第15回バトル結果

おめでとうございます

今回のチャンピオン作品は、ごんぱちさん『事件性』です。

投票結果
得票数 
1
ジョンソン南島から
サヌキマオ
1
2
事件性
ごんぱち
2
3
青虫
前田夕暮
    

感想票をお送りいただいた皆様、ありがとうございました。

「私の投票がない!」「内容が違うような?」……掲載もれ、ミスなどがございましたら、QBOOKSインフォデスクのページよりご連絡ください。

コミュニケーション

QSHOBOU掲示板

推薦作品と感想

■Entry1
ジョンソン南島から
サヌキマオさん


感想:
 誰かとの何の脈絡もないシンクロというのは時折あって、道を避ける方向が一緒であるとか、同時にトイレに入ろうとするだとか、大概がイライラさせられるだけで終わるものだが、これだけ離れても生じるのであれば。
 いや、やっぱりトイレのタイミングがかぶったらイラつくか。
投票者: このバトルへの参加作者

■Entry2
事件性
ごんぱちさん


感想:
スルメのようにじわる。
投票者: その他のQBOOKS参加作者

感想:
「ジョンソン南島から」
 実際に上野の富士そばのトイレには場違いな感じで写真立てが置いてあります。

「事件性」
 あー。
 阿刀田っぽい。亀を助けたのか、はたまたどっかの国に拉致られたのか。
 「これは単なる拉致なのではないか」という疑問をさし挟ませない舞台装置として、一軒家の中身というのがなかなか効いていると思います。
 燻製なぁ。なんだかわかんない装置をいろいろ置くことでリアリティを浮かしてくるあたりが面白いのかも。

「青虫」
 こういうものを「書きたい」と思う書き手側の事情というのはそこそこわかります。記述することで得られるカタルシスみたいなのはある。
 が、これを「作品です」といって人前に出すナニってあるんかなぁと思う。小説というのは何をしてもいいからなんでもいいんだけど。
 需要の仕方としては、書き手としての共感しか無い。
投票者: このバトルへの参加作者