←前 次→

第14回詩人バトル Entry50

サボテン

サボテンのように  トゲを出して生きたい
心の中を探られぬように
探ろうとする者は  容赦なく痛めつける

大人には分からない苦しみが  子供にはある
大人も子供のときそうだったのに
同じことを 自分の子供にしてしまう

子供は自由じゃない
イスに座らされ  縄で  どこにも行けぬよう
縛りつけられている
大人は自由だ
イスに座らず  縄にも触れず
どこへいっても許される

だから子供は心を閉ざす
サボテンのよに心にトケを出し
心想を知られることを拒む

偽りの自分を作りあげ  表面だけ笑う
大人になったとき  同じことを子供にしてしまう

大人になると汚れる
子供のときの苦しみを忘れる
そしてその子供が大人になったとき
みんな刃を向け  話すことを拒む
心想を探られぬように

傷つきたくない子供は  トゲを出す
大人に傷つけられぬよう  身を守るために

←前 次→

QBOOKS