←前 次→

第14回詩人バトル Entry60

たんぽぽ

頭上では桜がいっぱいに咲いて

あたりを薄桃色に染め上げている

道行く人々は上ばかりを眺めて 

誰もお前に気がつかないまま 

満足げに帰ってゆく

だけど 僕はお前に気がついてしまった

華やかに咲いている桜並木のはずれで

小さくても健気に 黄色い花を咲かしているのに 

一人ぼっちでさみしそうなお前に



桜は舞い散り 葉桜の緑があたりをみたすころ

お前は ひとりでがんばって綿毛を飛ばそうとしてる

それでも誰もお前に気がつかない

だけど 僕だけはお前に気がついてやる

いつだって どこに咲いていたって見つけてやる

お前を一人ぼっちにはしない

だから

安心して飛んでいけ


やがて 

お前はうなづくように風に揺れて

空に翔けだしていった

←前 次→

QBOOKS