QBOOKSトップ

第212回詩人バトル

エントリ作品作者文字数
1日向さち75
26月  午後2時40分金河南396




 




詩人バトル読書会
詩人バトルの感想・批評用掲示板。投票の参考にもどうぞ。
※QBOOKSのコンテンツではありません。



掲載ミス、送信時の文字化けなどございましたらご連絡ください。
その他のバトル開始後の訂正・修正は受け付けません。
あなたが選ぶチャンピオン。お気に入りの1作品に感想票をプレゼントしましょう。

それぞれの作品の最後にある「感想箱へ」ボタンを押すと、
その作品への投票ページに進みます (Java-script機能使用) 。
ブラウザの種類や設定によっては、ボタンがお使いになれません。
その場合はこちらから投票ください
感想箱




エントリ1      日向さち


アイスキャンデーとともに溶けていく親指を見つめながら
意の味を噛みしめる
うるさかった記憶の群れが
駅に飛び込んでいったと思ったら
降りたのは母の膝の上だった





エントリ2  6月  午後2時40分    金河南


吐かないで
受け入れて  どうして   君はどうして


 床に腐っていく 観賞用の金魚
 咳き込んでいる 選んだ筈の君

「どうして吐いてしまったんですか」


責め口調はよそう
そんなことを言いたいわけじゃない  のに

「どうして ……」


 気化していく水 痙攣は終わる
 気温は二十六度 昨日は霧雨で

「時間を置いたら気分は変わりますか?」

 君は力なく首を振る
 口に残った淡水を吐き出すさまを  あぁ


「明日なら?」

 睨まれる 三秒間
 水槽の温度は十八度 大葉のような色をして

腐っている

 金魚は

腐っていく
すぐだった すぐに腐っていく不必要な自然は断りもせずに

「どうして ……」


吐かないでほしかった
どれの代わりもいくらでもいるからこそ選んだのに

 空腹を感じる



「もうすぐ夏がきますね」

 腐った色から反対色を取り出して
 指先を 腐らせて
 喘ぎを鑑賞して
 反対色に
 含んで

 どうして   こんなにも


「おいしい ……」



受け入れて