←前 次→

第14回詩人バトル Entry34

kanashimino piano

いつまでもいつまでも夢を見ていたかったのに
私がそれを拒否したのです
でも貴方だって否定も肯定もしていなかった
何も言わないでずるすぎる

こんな三角関係は無意味だと知っていたからこそ
悩んで悩んで悩み抜いて
離れて離れて近付いて.....
無駄な日々を費やして私は真剣に考えてた

貴方は簡単に考えすぎていたのに自分では気付きもしなかった

だから私は最後に言ったんでしょ?
「彼とは言わなくてもわかるけど貴方は言わなくちゃわからない」って

でもこの意味は通じていなかった...最後の手紙で貴方は
言わなくちゃわからない言葉があるから話すんじゃないかと言った...

そうじゃない...そうじゃないのに...
何にもわかってない。
お互いに気持ちが通じているから私達は穏やかな距離を保つこともできるし好きと言わなくてもどこかでわかりあってる...微かな変化もつかみ取ることができる...

貴方じゃ...貴方とじゃ私も貴方もだめになるわ
だから私は彼と歩くことにするの
「喜んで別れてあげる」
なんてよくも失礼な言葉吐き出してくれたわね...腹立たしいわ

あたしの気持ちめちゃくちゃにしておいて...

あたしが愛しているのはどんなに移っても彼だけです。

←前 次→

QBOOKS