Q書房トップ

詩人倶楽部

第1回詩人バトル結果

第1回詩人バトル
投稿受付───8月21日〜9月20日迄
発表───ご到着次第順次発表
投票───9月21日〜10月21日迄
結果発表───10月31日→28日に変更



参加される皆様に。
お手数ですが詩人登録と作品投稿は別メールでお願いしますね。



第1回詩人バトルチャンピオンは葉月みかさんの『母に捧ぐマリエ』に決定しました。
葉月みかさん、おめでとう! あなたが記念すべき第1回詩人バトルのチャンピオンです。


作品
母に捧ぐマリエ(葉月みか)3
冷たい夜に降る雨(眠香)2
晴れているよ。(3104)2
過ぎゆくもの(矢野秀治)2
123456789(阿部瑞穂)2
グレイ(りんね)1
乾きの壺(TAKUYA)1
心象堕胎(水原優哉)1
bye-bye, bluebird(岡さやか)1
グラス(広河陽)1


母に捧ぐマリエ(葉月みか)

冷たい夜に降る雨(眠香)

晴れているよ。(3104)

過ぎゆくもの(矢野秀治)

123456789(阿部瑞穂)

グレイ(りんね)

乾きの壺(TAKUYA)

心象堕胎(水原優哉)

bye-bye, bluebird(岡さやか)

グラス(広河陽)


[番外編]マニエリストQの詩

蓬莢の鬼来たり十二夜

一 赤鰯

赤鰯の烟
微かに漂う薄青色
鬼打豆を撒くほての上、
あえかなる身に微笑(ほほえみ)を泛ぶ。

忽闇に蓬莢の族(やから)来て、
三つ目の怒り知らぬとて
唇にする小唄
輪廻の旋律(メロディー)。

小槌とり
愛敬(あいぎょう)の嘘偽り、
立つ春。

今生の命、
族の追われし後日
小豆(こまめ)のひとつ。
二 遊園地

弥生、卯月の午後
小さな老婆、小脇に何やらかい挟み
あたふたと寺門に駆け込んで
騒々しい餓鬼共掻き分ける。

袈裟掛坊主がくどくど
愚痴をこぼすその透きに
糞垂坊主、市電通りを駆け抜けて
裸足の逃走を試みる。

冬の残したまばらな薪
急勾配の屋根の下、
乗り越え走り抜け一目散。

行きつくは、何時も定めし
常春藤の縺れあい
紫匂う廃れし墓場が遊園地。
三 輝く影

渇いたうなじを剃りおとす
薄紅色の細い剃刀
深い輪郭に眠る。
暗闇の演出者
双の眸の猫目石
今生の証と光明を。
海神(わたつみ)の匂い漂わせ
エレキと逆巻きの時を刻む
褥の壷。
永遠の陽傘を目蓋の皮膚に
涯の海の紺碧の音
幼姿を呑みこむほどに捉え
薄紅色の小さき貝殻を漁る。
古に、数多の肉を貪った荒波
陽傘の中の輝く影までは
紺藍の深い色には染められぬ。
四 幼き鳥

鳥よ、幼き鳥よ
すでに巣なき屋根に何故飛び戻る
あの嵐の空に
鳥よ、何を見たのだ。

父もなし、母もなし、家もなし
それでも、鳥よ
何故にその屋根を歩むのか
鳴くのか。

撒きし豆に、鳥よ
飛び去りて飛び返る
餌(え)ではないのか、家ではないのか

それでは、鳥よ
一体、何が残っているのだ
その黒い塗炭の屋根に
五 間歇性悶着症

遠く近く
フリュートの音が、緑の風にのり
木陰の透間を通り抜ける。
髪はさらりと横にわけ
洗晒の開襟シャツ、黒いズボンの折返し。
窓の外は
広くて静かな運動場。
人気のない廊下には
弾む声がいつかあったはず。
きっと
運動場の入口に、幼くてはちきれそうな
君の姿があるはずだ。
僕は思う
このことは、ずっと続くんだ
永久なんだって。

ちびた鉛筆が。
ころりと転がった。
六 夢

冷たい褥の中
双の眸を閉じる瞬時(とき)、
忽然と目醒める宙に浮く遠方の陽炎
光輝の輪郭を縁どる。

紫暗の壷からむっくり
その姿露れるを、
睡魔の邪鬼が充満する脳裡
官能の頁を愛撫する。

姿、
煙管(パイプ)の甘き香りの匂うが
透きた肉体。

海原を馳す主神の巨体、
褥の狭しと小魚が群る
共に眠るはただ一尾の魚。
七 美術家たち

緑の肉体に稚気を秘め
そっと廻転する透きた頬、
遠く隔てし故郷の春を忘れ
飾られる精なき物体。

古に人の航路巡り見た
神秘の技が夢、
剥ぎとり摩替えられ
今では馴染みの玩具セルロイド。

綾なすは
根も葉も知らぬげな美術家たち、
エレキの波に調べよい。

遠目が紅き唇の笑み
薄物の微光の気球に舞う姿、
いつか見し人形の光箱。
八 歴史

紫が夜を勤務(つとめ)と染むるころ
盈虚の暦を知り尽くす
「退嬰」の星が現れて
無価値になれと唆す。

欧亜の空と時の間に
否応なしにひきこんで
戸惑いと憧憬の媚体、
傾く痼を弄ぶ。

麻薬もエレキも益なしと
糊塗の粘土で縁どりし
手鏡をひとつ用意して、

逆巻く時の宇宙の暗闇に
末世を刻む役割を
惜しげもせずに全うす。
九 整える羽毛

万能の術師、運行の透間を見せ、
倦怠の夕が隈なく
コールタールの皮膚を反射して、
五指を茜に染める。

術師が食する犠牲(いけにえ)の生血
宙(そら)より紅絹の糸となりて滴り落ち、
全ての芥子粒たちの螺旋(ネジ)を巻き、
術師の意志の大劇場の中
無言の輪舞を唆す。

一方、軽やかなる鳥人、
今や機会(チャンス)と白き羽毛を整える。
待つは薔薇(そうび)の裏よ、安息の夜。
十 鉢巻

土人女が見極める
あらゆる色彩のサンプルが如く、
怪しく花々が咲き乱れる
土手の上、
バビロンの塔が繰返す。
巨大に聳える建物の上方に
幾つかの断雲が白く流れる
影の道、
長い鉢巻を拾う。
巨大な建物の窓から
女が手を伸ばし、
紫色の長い鉢巻を掴取る。
停車場で、
妻は逸れた。
そして、妻は相変わらず
停車場で待っている。
十一 鳥の絵

沈黙の黒布を身体中に、透間なく顔まで覆い、
勾玉の歪んだ光を処々に飾りつけ、
繰返す無限の暗闇の反射の中で
執拗に絡み合う唐草(アラベスク)、迷宮の巨大な森影。

静寂と惣暗の舞台装置を最善と
舞踏家は踊る、爪先立ち、俯いて
足占いの歩、一歩、二歩
細い指先から放つ精気、無の愛楽(あいぎょう)の身振り。

渦巻く小さき閼伽を掌に
たっぷりと満ちる夕影鳥が生血、
普遍の沼の顔に登場する。

優しい旋律を、鳥の血を
囁くように、語るよに
曇硝子の内外(うちそと)に、影の気配で謳うのか。
十二 眠ろう

眠ろう、永遠の眠りにつこう
明日は神が定めし休息日
眠ろう、母が囁く子守唄
柔らかな白いシーツの我が舟
風の叩く戸の音も、
硝子に映る木の影も、
全て忘れてひたすらに。
白い雪降る静かな夜に
母が語った夢物語、
白い布団の連絡船
いつか運ぶよ根室の里。
眠ろう、永遠の宇宙の夢
明日は霊知の神の休息日
白いシーツを撫で廻し
タイムマシンの針あわせ
眠ろう、永遠の霊知の里へ
旅立ちだ。

どうも有難うございました。







インディーズバトルマガジン QBOOKS
◆Q書房に掲載の記事・写真・作品・画像等の無断転載を禁止します。
◆投稿された各作品・画像等の著作権は、それぞれの作者に帰属します。出版権はQBOOKSのQ書房が優先するものとします。
◆リンク類は編集上予告なくはずす場合がありますのでご了承ください。